情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Instagram】「自動で消えるメッセージ」の送り方(メッセージ版ストーリー)

Instagram (62) iPhone (1118)

Instagramには、通常のメッセージとは別に、「自動で消えるメッセージ」を送信することができます。受信したユーザーは、一度しかその写真・動画を見ることができません。一度見ると消えてしまいます。

この送信方法が少し特殊で分かりにくく、未だにあまり知られていないようなので(利用者自体少ない)、その送信手順を紹介します。

自動で消えるメッセージの送信手順

自動で消えるメッセージの送信手順を紹介します。

まず最初に、ストーリーの投稿と同様に、左上のカメラボタンをタップします。

そして、これまた通常のストーリーの投稿のように、写真・動画を撮影します。

撮影したら、右下の「右矢印ボタン」をタップしてください。

すると宛先選択画面が表示されるので、消えるメッセージを送信したい「相手」を選択して、「送信」をタップします。

これで送信が完了します。

受信方法

この消えるメッセージを受け取った側には通知が届きます。

受け取ったメッセージの数は、Instagramのホーム画面右上に表示されます。

それを開くと、メッセージの受信画面が表示されます。その画面に、ストーリー投稿に似た、消えるメッセージの受信が表示されます。それをタップすると、受信した「消えるメッセージ」が表示されます

消えるメッセージの表示自体は、ストーリー機能そっくりです。

一度しか表示できない

受信した「消えるメッセージ」は、一度表示すると自動的に消えてしまい、2回目を見ることはできません

2回目を見ようとしても、自動的に返信用のカメラ画面に切り替わるのみです。

スクリーンショットを撮影すると相手に通知されるので注意

消えるメッセージは1回しか表示できませんが、その受信画面のスクリーンショットは撮影可能で、一応保存することはできます。

しかし、スクリーンショットを撮影すると、相手に通知されてしまうので注意してください。

関連:【Instagram】スクショを撮るとバレる投稿の種類について

コメント(0)

新しいコメントを投稿