情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

インスタ投稿がハッシュタグ検索の最新情報に反映されない不具合・障害について

Instagram (62)

数日前より、Instagram(インスタ)の投稿が、ハッシュタグの最新投稿に表示されない(反映されない)問題が発生しています。

この問題の特徴と対策についてメモしておきます。

最初に対策について簡単に述べておきますが、現状、ユーザー側での「対策」としては、「過剰にハッシュタグを付けない」「内容に合わせたハッシュタグを付ける」「しばらく待つ」等が候補としてあるにはあるのですが、決定的な方法は見つかっていません。また、公式情報も提供されていません。

ハッシュタグが反映されない問題

数日前から、インスタの投稿にハッシュタグを付けても、ハッシュタグの検索結果の最新投稿一覧に反映されない問題が発生しています。

この影響で、今までハッシュタグを付けて、そこからたくさんの「いいね」を貰っていたユーザーは、「いいねが全然付かない」と困ってしまっているようです。

世界中で発生

これらの症状は、日本だけでなく世界中のInstagram利用者の間で問題になっています。しかし、決定的な原因・対策は明らかになっていません。

障害か仕様変更か

この問題は数日前に発生したばかりであり、これが一時的なもの(障害)なのか、今後もこの様な状態が続く仕様変更(正常)なのかもはっきりしない状態です。

もし障害だとすればしばらく待てば回復するものと思われますが、仕様変更の可能性も十分考えられます

仕様変更(スパムフィルタ)の可能性も

というのも、もともとハッシュタグを過剰に付けるユーザーによって、ハッシュタグの検索結果が汚染されることはもともと問題視されていました

そのような、インスタ運営が「ハッシュタグ・スパム」への対策を行う姿勢は、次のヘルプの文章からも伺うことができます。

利用者がハッシュタグを使ってとても目立つ場所に不適切なコンテンツを投稿している場合、ハッシュタグページの[最新情報]セクションが削除されることがあります。これに該当する場合、一定期間ハッシュタグページには[人気投稿]しか表示されなくなります。 引用元

今回、この運営の考え方に基づいた「ハッシュタグ・スパム対策」が強化され、新しい「スパムフィルタ」が導入されたり、今までのスパムフィルタが仕様変更されたことが考えられます。

シンプルには、一定時間ハッシュタグの検索結果に表示しないままにしておき、通報が一定数以下であれば問題ないと判断して掲載する、通報が一定数寄せられればそのまま非表示にしてしまうなどの仕組みが考えられます。

実際、「しばらくしたら反映されていた」という声が多いのも、このような仕様変更を行ったと考えると納得がいきます。

Instagramアカウントに通報している人の特徴を見る

このようなハッシュタグスパムへの対策は自然な流れのように感じられるため、実際にTwitterの「@Instagram」アカウントに対して、ハッシュタグが表示されないことについてクレームを入れているアカウント(海外ユーザー)のInstagramページを見てみると、20個以上のハッシュタグを設定していたり、宣伝が過多であったりするアカウントが多数ありました。

これは、「それだけハッシュタグへの依存が強いからクレームを入れている」という理解もそうですが、「ハッシュタグスパムの度合いが強すぎるため、一時的な非表示ではなく、ずっと検索結果に表示されない状態に振り分けられてしまっているアカウントではないか」という理解もできそうでした。

単なる不具合の可能性

一方でやはり、現在の状況が単なる不具合であったり、新しいスパムフィルタ導入直後の、スパム判定が甘すぎる状態である可能性も考えられます。

現状断定するのが難しい状況です。今のところインスタ運営から、重大な障害が発生しているとの情報は提供されていません。

対策

このように大きく分けて2つの可能性があるわけですが、まだ発生直後であるため、「しばらく様子を見る(不具合が復旧する、追加の情報がヘルプや公式ブログで提供されるのを待つ)」というのはひとつの対策です。

「しばらく待ったら表示された」という声も多いので、しばらく待って検索結果に表示されれば十分というのであれば、「ひとまず表示されるのを待ってみよう」という意味でも、「待つ」がまずおすすめです。

またスパムフィルタの強化のことを考えると、今まで過剰にハッシュタグを付けていた、例えば、20個以上のハッシュタグを付けていたり、あまり関係のないハッシュタグまで付けていたなどという場合は、極力スパムフィルタに引っ掛からないように、ハッシュタグを数個、それこそ2つ3つに絞るなど、一時的な緩和策を講じてみるのも手かと思います。

いずれにしても、決定的な対策というわけではなく、症状や状況から考えられる、好転する可能性のある策に過ぎません

しかし、どうやら「現状、ハッシュタグが反映されない人が多数発生している」ということは事実のようなので、「自分だけじゃないみたいだから、慌てて再インストールしたり、アカウント作り直したりはする必要なさそうだな、今のところ」という理解だけはしておくとよさそうです(※「自分のインスタアカウントだけ何かがおかしい」と思い込んで別アカウントを作ったり、アカウントを作り直してしまってかえって困ってしまう、というケースはインスタに限らずいろいろなアプリでよくやってしまいがちな、好ましくない対策です)

コメント(0)

新しいコメントを投稿