情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS11にアップデート後の「Wi-Fiがないと通信できない」問題の原因と対策

iOS (171) iOS 11 (141) iOS-コントロールセンター (4) iPhone (1117) iPhone 8 (76) iPhone 8 Plus (67) iPhone X (106)

iOS11へのアップデート後に、「Wi-Fiをオンにしていないと通信ができないiOS11の不具合?」という症状を訴える人が増えています。

この原因としては、今回紹介する以外の原因(プロファイルが消えてしまうなど)もあり、そちらが原因の場合は全く助けにならない情報で申し訳ないのですが、iOS11で新しく用意された「とある操作」が原因で、自らWi-Fiでしか通信できないように設定してしまっているケースが一定数あることが分かりました。

その原因となる操作と、その対策について紹介します。

iOS11で新しくなった「コントロールセンター」

iOS11になって、コントロールセンターが新しくなり、見慣れない「緑色のボタン」が増えました。

原因:何気なく「オフ」に設定

「今までなかった電波マークなので、必要なさそう。節電するためにも『オフ』にしておこう」等の理由でこの緑色のマークをタップして「オフ」にしてしまうケースがあるようです。

しかし、この緑色のマークの正体は「モバイルデータ通信(=3G/4G/LTE回線のデータ通信)」の有効・無効を切り替えるためのボタンなので、これがオフ(灰色)の場合は、Wi-Fi回線がないとデータ通信できません

対策

そのため、Wi-Fiがない状態でも通信したい場合、ここが「オン(緑色)」になっていることを確認してください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿