情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhoneのバッテリー交換をAppleに依頼する方法(+速度低下問題による値下げ対象・値下げ開始時期)について(2017年12月29日)

Apple (20) iPhone (1212)

古いバッテリーを利用しているiPhoneの速度をAppleがiOSアップデートによって意図的に下げていたことや、それをユーザーに知らせていなかったことが問題視され、バッテリー交換の費用を値下げすることが発表されました。このニュースで「iPhoneのバッテリーを交換できる」ということを知ったiPhone利用者もいるようです。

この割引きされた価格でiPhoneのバッテリー交換を行う方法について紹介します。

バッテリー交換の値下げ対象iPhoneと値下げ時期について

iPhoneの速度低下問題に関して、Appleは次の通り値下げを発表し、バッテリー交換にかかる費用が現在の79ドル(日本では8,800円)から29ドル(同じレートであれば約3,230円程度)へ値下げされる見込みです。

Apple is reducing the price of an out-of-warranty iPhone battery replacement by $50 — from $79 to $29 — for anyone with an iPhone 6 or later whose battery needs to be replaced, starting in late January and available worldwide through December 2018. Details will be provided soon on apple.com. 引用元

値下げ対象は「iPhone 6以降」とのことなので、「iPhone 5」「iPhone 5s」「iPhone 5c」などは対象外で、「iPhone 6/6 Plus」「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone SE」「iPhone 7/7 Plus」「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」が対象となる見込みですが、バッテリー交換が必要な場合に限定されているため、新しすぎる機種(そもそも劣化していれば無料修理の対象)や、バッテリーがまだ劣化していない比較的新しい端末も対象外となるようです。

現時点ではまだ価格が変更されていない

しかしこの発表にもあるとおり、値下げの開始は、2018年1月の後半からです。現時点(2017年12月29日14時時点)ではまだ価格は変更されていません。慌ててバッテリー交換の依頼をしてしまわないように注意してください。

バッテリー交換に必要な価格は、次のページに記載があります:

バッテリーサービス
iPhone のバッテリーサービスは、場合により、Apple 製品限定保証や AppleCare+ の保証対象になることがあります。これらの保証対象にならない場合は、保証対象外のバッテリーサービス料金 (下表) がかかります。

iPhone のモデル|Apple 製品限定保証/AppleCare+ の保証対象|保証対象外
全モデル|0 円|8,800 円|
引用元

この通り、8,800円のまま、現時点で変更はありません。

バッテリー交換はAppleに依頼する場合と修理業者に依頼する場合がある

バッテリー交換をする上でまず注意すべきは、「Apple(または正規サービスプロバイダ)に依頼する」方法と、「安く修理してくれるその他の修理業者に依頼する」方法の2パターンがある点です。今回「割引き」と言われているのは、Appleに依頼する場合の価格です。

Appleの公式ホームページでは、以下の通り案内されています:

バッテリーサービスはAppleまたは
正規サービスプロバイダで。
以前よりも頻繁にバッテリーを充電しなくてはならなくなったら、そろそろ
バッテリーサービスが必要かもしれません。リチウムイオンポリマーバッテリーを
内蔵した製品のバッテリーサービスは、必ずAppleまたは
正規サービスプロバイダに依頼してください。 引用元

今回は、割引きされると報道されている、Appleにバッテリー交換を依頼するパターンについて紹介します。

バッテリー交換は「修理」扱い

Appleにバッテリー交換を依頼する上でもう一つ大事なことは、「バッテリー交換」という作業も、依頼は「修理」扱いになるという点です。

バッテリー交換の依頼はすなわち、iPhoneの修理の依頼、となります。また、バッテリー交換のことがAppleのサイト中で「バッテリーサービス」と呼ばれる場合があるので、注意してください。

修理項目のひとつに「バッテリー交換」があり、「割れた画面の交換」も修理項目のひとつです。

修理はドコモ・ソフトバンク・auのショップではなくAppleへ

iPhoneの修理の依頼は基本的に、ドコモショップやソフトバンクショップ、auショップで受け付けているわけではなく、直接Appleに依頼することとなります。

Appleに修理(バッテリー交換)を依頼する方法

Appleに修理(バッテリー交換)を依頼するには、大きく分けて「Apple Storeに直接iPhoneを持ち込む方法」と、「配送修理(集荷してもらう)方法」があります。

いずれにしても、iPhoneのデータが消えても大丈夫なようにあらかじめデータをバックアップしておく必要がある点に注意してください。修理前の準備については以下のページに詳しく記載されています:

実際の修理依頼(バッテリー交換依頼)自体はリンク先にも記載があるとおり、直接持ち込む場合はGenius Barの予約が必要な場合があったり、配送修理の場合は集荷依頼が必要です。

どちらも、「Apple サポートへのお問い合わせ」から行うように指示されています(Internet Explorerだと途中で先に進めなくなる場合があったので、その他のブラウザの利用をおおすすめします)

「iPhone」→「バッテリー、電源、および充電」→「バッテリーに関する質問/トラブルシューティング」と進むと、選択肢を見ることができます。ここでチャットサポート(チャット)や電話サポート(今すぐアドバイザーと話がしたい)を受けることができるので、自分に適した修理方法を相談してみてください。

参考になるページ・関連ページ

コメント(0)

新しいコメントを投稿