情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

アクセスカウンタをCouterize IIに移行してブログ表示を高速化してみた

PHP (25) WordPress (79) アクセスカウンタ (3) プラグイン (8)

アクセスカウンタを「FC2アクセスカウンタ」から「Couterize II」に移行しました。その理由や、FC2カウンタのアクセス数を移行するために必要なだったPHPのコードについてメモしておきます。

FC2アクセスカウンタを止めた理由

理由は主に2つあります。

【理由1】表示が遅い

カウンタの数字が画像なのですが、その画像の取得が、ページ全体の表示にかかる時間をかなり伸ばしているようでした。これだけで削除理由としては十分です。

【理由2】FC2カウンタへのリンクが貼られてしまう

カウンタ部分はjavascriptで出力されるのですが、その部分がFC2カウンタへのリンクになってしまいます。

Counterize IIに移行

Counterize IIはアクセスカウンタプラグインとしてはなかなか有名なようで、簡単なアクセス解析機能も付属しています。

このように、いろいろなグラフを表示することができます。

インストール

WordPressの「プラグイン>新規追加」で「Counterize II」を検索し、インストールと有効化を行います。

テーマにコードを埋め込む

FC2カウンターのような外部サービスを利用するアクセスカウンターとは異なり、カウントするためのコードをヘッダなどに配置する必要はありません

なので、アクセス数を表示したい部分にコードを埋め込むだけでOKです。

今回私はユニークユーザ数を表示したかったので、次のようにテンプレートファイル(.php)に書き加えました。

<?php echo counterize_getuniqueamount(); ?>

ユニークユーザを取得するためにプラグインを改造する必要はありません。

しかし、これでは、またゼロから数え直しになってしまいます。

そこで、アクセスカウンタに初期値を設定するために、次のようにしました。

<?php echo counterize_getuniqueamount() + 1234;>

「1234」の部分を、今までFC2カウンターで数えたアクセス数に置き換えれば、移行完了です。

参考

Counterize plugin for WordPress - GabSoftware
公式ページ。今回紹介しなかったAPIが紹介されています。このページを参考にすれば、昨日のアクセス数や、ページビューなども表示できます。

感想

初期値を.phpに直接書き込むことになってしまったのは残念ですが、ページの表示が高速化されて満足です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About