情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

質問箱に「あなたのIPはブロックされています。質問を送ることはできません」エラーが表示されて質問できない問題発生中

Peing (25)

匿名質問サービス「質問箱(Peing.net)」の「ブロック」機能では、質問者の「IPアドレス」をブロックすることができます。このブロックは、質問箱(質問受け付けユーザー)単位で設定されます。

現在この「IPアドレスブロック」の機能に不具合が発生しており、自分が対象のIPアドレスでなくても「あなたのIP『○○.○○.○○.○○』はブロックされています。質問を送ることはできません」エラーが表示されて質問できない問題が発生しています(表示されるIPアドレスも自分が利用しているIPアドレスとは全くの別物が表示される)。

ブロックされていると表示されて質問できない

現在、一部のユーザーの設置した質問箱において、次のエラーが発生して質問を投稿できない問題が発生しています:

あなたのIP「xxx.xxx.xxx.xxx」はブロックされています質問を送ることはできません

ここに表示されているIPアドレスが、自分の利用しているIPアドレスであれば単純に「本当にブロックされているだけ」であるということが分かるのですが、現在はじめて質問箱を使うような人であってもこのエラーが表示され、表示されているIPアドレスも自分が利用しているIPアドレスではないものが表示される問題が発生しています。

そのため、「ブロックしていないはずの人なのに、ブロックされたと言われる」「回線を変えてもブロックされたままになる」「一度も質問していないのにブロックされている」のような状況が発生します(もともと質問箱のブロック機能がIPアドレス単位のブロック機能で、正確にユーザー単位でブロックするものではないため、他のユーザーのブロックに巻き込まれる可能性があるが、表示されるIPアドレスが自分が外部にアクセスする際にアクセス元として利用されるIPアドレスではないという点が特殊)

原因について

Peing運営側からブロック機能に不具合が発生している可能性がある旨がツイートされました。ここで言及されている不具合が今回のブロックの問題の原因であると思われます:

対策について

質問する側は、不具合が解消されるまで(運営側の不具合改修が完了するまで)しばらく待つようにしてみてください。

また、質問を受け付ける側(質問を募集する側)の場合は、このまま復旧するのを待つか、もしくは別のアカウントを作成し、そのアカウントで改めて新しい質問箱を設置することで回避できる場合があります。「今ちょうど使いたい」といった場合は、この方法も利用を検討してみて下さい。

既にTwitter連携で質問箱を作ってしまっている場合は、別のTwitterアカウントを用意しなくても、PeingIDを使って質問箱を作る方法が利用可能です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿