情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Chromebook/Linux】Fcitx+Mozc利用時に「かな/英数」キーで日本語入力(IME)のオン/オフできるように設定する方法(+Visual Studio Codeで「Ctrl+Space」が衝突する問題を回避する方法)

Chromebook (56) Chromebook-Linux (3) Mozc (1)

Chromebookの「Linux(ベータ)」を有効化して、fcitxとmozcを利用して、Linuxアプリケーション上でも日本語入力をできるようにしました。

その際、Chromebookの日本語キーボードの「英数」キー「かな」キーの操作がChromebookのような「IMEオン/オフ」として動作せず、カタカナ入力になってしまったり、変換キーとして動作してしまうなどになってしまったため、設定を変更して、かなキーと英数キーそれぞれでIMEのオン・オフを行うように設定を変更しました。

その設定手順を紹介します。

※ASUS Chromebook C223NA(Intel CPU) + Chrome OS 87.0.4280.109 + Debian GNU/Linux 10 (buster) + Fcitx 1:4.2.9.6-5 + Mozc 2.23.2815.102。

fcitx + mozc で「かな/英数」キーがおかしい

日本語キーボードのChromebookでは、日本語入力のオン/オフを「英数」キーと「かな」キーで操作でき、現在の日本語入力の状態に依存してトグル方式で動作する「かな←→英数(半角全角)」キーよりも無意識の操作が行いやすくなっています(Macと同様/Windowsでもこの設定にしておくと便利)。

しかし、ChromebookのLinux(ベータ)にインストールしたアプリで日本語入力を行うためにインストールした「fcitx(ファイティクス)」+「mozc(モズク)」による日本語入力環境では、「かな」キーと「英数」キーが普段のChromebook上での動作と異なり「無変換/変換」キーのように動作してしまい、思ったようにIMEを操作できません(カタカナ入力モードや、半角カタカナモードになってしまう)。

IMEのオン/オフに「かな/英数」キーを割り当てる

そこで今回設定を変更し、IMEのオン/オフに対して、「かな」キーと「英数」キーを割り当てることにしました。

まずコンソールで

$ fcitx-configtool

を実行して、fcitxの設定画面を開きます。

そして、「Global Config」タブを開いて、「Show Advanced Options」にチェックを入れます。すると表示される「Acivate input method」の「Empty」をクリックして「Please press the new key combination」が表示されたら「かな」キーを押します。そして「Inactivate Input Method」の「Empty」も同様にクリックして、「Please press the new key combination」が表示されたら「英数」キーを押します、

「英数」「かな」キーでIMEオン/オフ可能に

この設定変更後、Linuxアプリを開き直すと、「かな」キーを押して日本語入力したり、「英数」キーを入力して直接入力したりというChromebookのもともとと同様の使い方が、Linuxアプリ内でも利用できるようになりました。

「Ctrl+Space」が衝突する問題を避ける

Fcitx+Mozc利用時に似たような「キー入力」まわりの問題として、Visual Studio Codeなどで自動補完(IntelliSense)を利用する際のショートカットキー「Ctrl+Space」とIME切り替えキーが衝突してしまう問題があります(※Ctrl+Spaceというショートカットキーは、VS Codeに限らず、入力補完のショートカットキーとしてよく利用されます)。

こちらについても、先ほどと同じ設定画面の一番上にある「Trigger Input Method」という項目で「Ctrl+Space」の部分をクリックしてから、Chromebookの「かな←→英数」キー(全角半角キー)を押すことで、Ctrl+SpaceによるIME切り替えを無効化しつつ、Chromebook標準のような「かな←→英数」キーでのIMEトグル切り替えをできるようにできます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About