LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「LINEの有料スタンプを無料でゲットする方法!」なサイトが検索結果から駆逐されるのかと思ったら…

LINE (1014)

LINEでは以前から「有料スタンプを無料でゲットする方法!」のようなサイトがたくさんあります。これらのサイトが先週発表されたLINEの新機能「LINE フリーコイン(後述)」の出現でダメージを受けるのでは?と思っていたのですが、思っていなかった展開になっていたので紹介したいと思います

「有料スタンプを無料でゲット」なサイトの仕組み

LINEの「有料スタンプを無料でゲットする方法!」なサイトや、パズドラの「魔法石を無料でゲットする方法!」なサイトの仕組みの"例"を紹介します。

そういうタイプのサイトを読んでみると、最終的に、会員登録やちょっとした作業でポイントを稼げるサイトへ誘導されます

そして、そのポイントをiTunesカードや現金などに変換すれば、有料スタンプや魔法石を無限にGETできるよ!という流れです(この紹介を読んだ人が乗ってくれれば、サイトの管理者に利益がある、はず、な仕組みです)

たしかにスタンプは手に入るかもしれないのですが、自分的にはどうしても「無料ゲット」という言葉には語弊があるような気がしてひっかかっていました(確かに会員登録の特典と言われたら、"無料"、、、と言えるかも、、、?な気もしますが)。

LINEの新機能「フリーコイン」の登場

そんな中、数日前に公開されたLINEの新機能が「LINE フリーコイン」です。この機能を紹介したいと思います(Android版のみ)。

LINEアプリから「フリーコイン」を開くと、アプリの一覧(現在は3種のみ、今後追加予定)が表示されます。そして、その画面からアプリをひとつインストールする毎に、スタンプの購入に使える「LINE コイン」がもらえるという仕組みです。

現在提供されている3つのアプリはそれぞれインストールする毎に35コインがもらえるので、合わせて105コインです。そして、Androidの場合は100コインで有料スタンプを1つ購入できるので、"無料で"有料スタンプがゲットできるLINE運営公式の方法が出現したわけです

これを知った自分は、お、これはあの「有料スタンプ無料ゲット!」なサイトは困るんだろうなぁーと思ったわけです。

もしかして、なドメインを発見

そんなことを思ってしばらくしてから、実際に検索してみることにしました。

すると、確かにフリーコインの記事がたくさんHITするようになっているのですが、怪しいドメインを見つけました

というのも、ポイントサイトに誘導するようなサイトでは、検索キーワードをそのままドメイン名(日本語の場合も多い)にするような、ピンポイントなドメインを取得している場合が多いのです。そんなタイプのドメインのページを見つけた、というわけです。

彼らは強かった

それを開いてみると、こんな仕組みの文章が書かれていました。

  • フリーコインはAndroidでしか使えません
  • 35コインで3つなら105コインなので好きなスタンプがダウンロード可能
  • でも、もともと無料でLINEコインをゲットする方法を知っていたので、困っていませんでした
  • というのも、(以下、今までのサイトと同じ)

そう、フリーコイン機能の発表を題材にしたページがさっそく作られていたのです。そのサイトは、ドメイン力が強いのか、コンテンツの特殊化が良いのかわかりませんが、至って普通な「LINE フリーコイン」という検索ワードでも、Google検索でTOP5に入るほどです(pws=0使用)。

結論

「あ、そういうやりかたもあったのか」と思いました。フリーコイン機能のおかげでダメージを受けるページはたしかにあると思うのですが、ユーザーが「無料で手に入れる方法が存在するんだ」と気が付くいいきっかけになっているとも考えられるわけです。

そこをうまく利用して、新しいページを、しかもフリーコイン発表から1週間も経たないうちに作ってしまうとは…

コメント(0)

新しいコメントを投稿