情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「Amazonで納品書が入ってない!」の理由:領収書に加えて納品書も省略開始

Amazon (22)

最近、Amazonからの荷物に納品書が入っていないケースが増えています。納品書が必要なときどうすればいいのかを紹介します。

また、納品書が入っていない原因を調べてみると、Amazonが納品書の添付の省略を開始していたことが分かりました。これでAmazonは、領収書の省略だけでなく、納品書の省略まで開始したことになります。

以前から「領収書」は省略済み

以前の記事で、Amazonが「領収書の省略を開始した」と紹介しました。

現在、一部を除き、領収書は荷物に添付されていません。

領収書の入手方法:今年度からAmazonが「領収書・納品書」の扱いを変更したので要注意

「納品書」まで入ってない!

「領収書」の省略により、「納品書 兼 領収書」が単なる「納品書」になっていました。

しかし最近、その「納品書」すら入っていないケースが増えています

私の実体験では、段ボールではない、「プチプチ付きの封筒」に梱包されていた本とBluetoothレシーバについて、納品書が入っていませんでした。

Amazonが「納品書」の省略を開始!

Amazonのコスト削減が、納品書にまで来たのかもしれません。

前回のようにAmazonサポートに聞いてみようかと思ったのですが、ヘルプを検索してみると、こんなことが書いてあるページを見つけました。

Amazonグループでは環境への負荷を削減するために、領収書をWeb化し、一部の商品については納品書を同梱せずお届けするという取り組みを開始しています 引用元

やはり、納品書の省略が開始されていたようです。理由は「エコ」と書かれていましたが。

「納品書」が必要な場合は?再発行?郵送してくれる?

納品書が入っていなかった人は、「再発行はどうすればいいの?」と思うかもしれませんが、Amazonは納品書を省略した商品について、納品書を発行する方法は用意していないようです。

メーカーにサービスや修理を依頼する際など、必要な場合は納品書をお買い上げ証明としてご利用いただけます。また、納品書が同梱されていない場合には、PCサイトのアカウントサービスから「領収書/購入明細書」を印刷してご利用ください。購入日は、領収書/購入明細書に記載されている発送日です。 引用元

納品書がお手元にない場合、PCサイトのアカウントサービスより「領収書/購入明細書」を印刷して代用してください。 メーカーにサービスや修理を依頼する際などのお買い上げ証明としてもご利用いただけます。 引用元

つまり、納品書は入れてないよ、納品書が欲しい人は、領収書で代用してね、でも領収書も同梱していないから、自分で印刷してね、ということのようです。

領収書の印刷方法:今年度からAmazonが「領収書・納品書」の扱いを変更したので要注意

まとめ

一部の注文について、納品書の省略が開始されています。品物を検収するときに、「何も入ってない!」と困っている人がいそうです。

納品書の再発行などは受け付けていないようなので、納品書が必要、何らかの購入証明が必要、という人は、領収書を自分で印刷して、代用するようにしてください。

追記:請求方法について

そんなヘルプの記述に満足せずにサポートに連絡してみたところ、サポート経由で納品書を請求できることが確認できました。手順などの詳細は「入ってなかったAmazonの納品書を郵送してもらう方法」を確認してください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿