情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

MacBookの初期化(全データ削除・OS再インストール)作業メモ

Mac (30) MacBook (6) MacBook Pro (12)

数年前に購入した古いMacBook Proを手放すにあたって、初期化作業を行いました。その手順をメモしておきます。ディスクフォーマット後、OSをインストールするのにApple IDの入力が必要で回避できなかったところがもやもやポイントとして残っています。

Mac公式データ削除手順資料

まず参考になるのが、「Mac を売却または譲渡する前に - Apple サポート」です。

ちなみに、このMacでは、普段使うApple IDを使用していないので、あまり本格的な使い方(iTunesの認証など)をしていません。

iCloud、iTunes

iCloudとiTunesはそもそもログインしていないので、無視です。

iMessage

iMessageは嫌いでアカウントを停止していましたが、改めてメッセージアプリを起動し、環境設定>アカウントから、iMessageアカウントについて「サインアウト」しておきました。

HDD(SSD)の初期化

さて、ここからは、このMacがOS X Mavericks v10.9.3 だったので、OS X Mavericks: OS X を消去して再インストールするにしたがって作業しました。

※ヘルプには他に、Mountain Lionの場合OS X Lion: Mac OS X を消去して再インストールする" title="Lionの場合">Lionの場合があります。

OS X ユーティリティの起動

まず、Macを再起動して、グレイの画面が表示されたら「Command+R」を押します。

ただ、自分の場合タイミングが分からず、Commandを押しながらRを0.5秒に1回ずつくらい連打していたら、普通にログイン画面になってしまったので、「Command+R」自体を押しっぱなしにして、「OS X ユーティリティ」の画面が表示されるのを待つほうが良さそうです。なかなか「OS X ユーティリティ」に入れない場合は試してみてください。

ディスクユーティリティ

「Time Machine バックアップから復元」「OS X を再インストール」「ヘルプ情報をオンラインで取得」「ディスクユーティリティ」などがありますが、ここでは「ディスクユーティリティ」を選択して「続ける」をクリックします。

そうしたら、左側にある「Macintosh HD」の上にある「500.28 GB APPLE SSD SM512E Media(表示上は途中で切れている)」を選択した状態で、右画面の「First Aid」「消去」「パーティション」「RAID」「復元」の中から「消去」を開き、「フォーマット」に「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択し、「名前」を「名称未設定」のままにして、「消去…」をクリックしました。

すると、「ディスク"APPLE SSD SM512E Media"を消去してもよろしいですか?」が表示されます。

ディスク"APPLE SSD SM512E Media"を消去してもよろしいですか?

ディスクを消去すると、ディスク上の全てのパーティション上にあるすべてのデータが削除されます

このディスクには1個のパーティションがあります:
"Macintosh HD"

ここで「消去」をクリックすると、ディスクの消去が始まり、「名称未設定」というパーティションが作成されました(なので、名前は「Macintosh HD」にしておくとよかったのかも)。

再インストール

そうしたら、メニューバーの「ディスクユーティリティ」から「ディスクユーティリティを終了」を選択して、続いて「OS X を再インストール」を選択し、「続ける」をクリックして、Mavericksのインストールに進んでいきます。

「続ける」をクリックすると「OS X をダウンロードして復元するために、お使いのコンピュータの適格性が Apple で検証されます」と表示されるので、ここでも「続ける」をクリックします。あとは「同意する」「同意する」「(名称未設定ディスクを選択)」「インストール」とクリックします。

すると、今度は「App Store からダウンロードするにはサインインしてください」と言われてしまいます

ここで「キャンセル」をクリックすると戻されてしまうので、ログインしてみました。それでも戻されてしまったのですが、もう一度「インストール」をクリックすると、ログイン画面が表示されるとともに、その背後のウィンドウでダウンロードが始まりました。

その2回目のダウンロード画面にもサインインすると、これまた成功も失敗も特に表示されずログイン画面が閉じ、背後のダウンロード画面が表示されるのみとなり、「追加コンポーネントをダウンロード中です。コンピュータは自動的に再起動します」になりました。

残り時間は「残り時間約2時間10分」程度から始まりました(3:00pm)。

およそ1時間10分ほどで終了し、最終的に「ようこそ」と表示された、地域を選択する画面が表示されたので、先ほどのヘルプの、6.まで来たので、「command+Q」でMacを終了しました。

Apple IDが必要だったけどそれでいいのかなぁ

今回は、廃棄、譲渡、売却をするようなケースで、どうやってAppleのデータを消すか、というヘルプを読んだのですが、せっかくデータを消したフォーマット後に、Apple IDの入力を求められて、そのIDデータが残っていないのか?という点が気になりました。ま、とりあえずヘルプ通りやった、ということでいいかな、と。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About