情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhone・Androidの現在位置がおかしいときの定番対策

Android (338) GPS (3) iPhone (747) Wi-Fi (14)

iPhoneやAndroidスマートフォンで地図アプリを使っていて、現在位置が全然違うところになっている場合があります。このとき、とある設定を変更することですぐに直る、というパターンが良くあるので、紹介しておきます。

Google Map の現在位置がおかしい

地図アプリや、位置情報を使うアプリ(LINEなど)を使っていて、現在位置が本当の位置とぜんぜん違う、ということはよくあります。

普段私が使う「Google Map」でもよくあります。本当は駅前の北側にいるのに、iPhoneの現在位置は駅のはるか南側になっていたり。

そんなとき、「GPSがオフなのかな?」と思う人もいるかと思うのですが、別にそういうわけではありません。

そして、「GPSが壊れてるのかも」と思うかもしれませんが、その前に試して欲しい設定があります(本当に壊れている場合もあるけれど)。

設定を見直す

その設定は、「Wi-Fi」の設定です。

よく地図アプリを開いたときに、Wi-Fiがどうこう、と表示されることがありますが、あれです。

別に、自分が接続できるWi-Fiが近くにあることが必要、というわけではありません

とりあえずWi-FiをオンにしておけばOKです。Wi-Fiを使った通信ができるようになる必要はありません。

操作としては、iPhoneの場合はホーム画面の「設定」を開いて、「Wi-Fi」の部分をタップして、中にある「Wi-Fi」の設定を「オン」にするだけです。Androidの場合も、ホーム画面の「設定」を開いてすぐのところにある「Wi-Fi」をタップして「オン」にするだけです。

これを勘違いして、Wi-Fiをオンにしても全く意味がない、と思ってオンにしない人が多いのではないかと思いますが、Wi-Fiをオンにしておくことで、近くのWi-Fiスポット(アクセスポイント)を把握することができ、現在位置をおおまかに特定できます。

位置、といえばGPSですが、GPSは精度が上がるのに時間がかかったり、ビルの反射が厳しかったりといった厳しいところがあります。なので、他の情報を組み合わせることで、ぐっと高速により正確な位置がわかります。

Wi-Fiをオンにすると

GPSだけでは位置がおかしかったり、Google Mapでいう水色の円(現在位置の推定範囲)が広すぎだったり、といったところが、Wi-Fiをオンにした瞬間、急に解消されます(もちろん、場所による)。

なので、現在位置がおかしい、と思ったら、とりあえず「Wi-Fiがオフになってしまっていないか」を確認してください。

Wi-Fiが使えなくってもいいんです。とりあえず設定をオンに!

コメント(0)

新しいコメントを投稿