LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「接続できませんでした。インターネット接続を確認して再試行してください」エラーでLINEスタンプが買えない原因と対処法

LINE (1008) LINE-iPhone (251) LINE-エラー (46) LINE-スタンプ購入 (6) LINE-未成年 (9) LINE-着せかえ購入 (2) フィルタリング (2)

LINEのスタンプの購入画面(「スタンプ情報」画面)を開こうとすると「接続できませんでした。インターネット接続を確認して再試行してください」というエラーが表示されてしまい、「スタンプ」や「着せかえ」を購入できないというユーザーからの問い合わせがありました。そこから分かった原因と対処法について、紹介します。「未成年」の人は要注意な原因です。

スタンプが買えないエラー

「LINEスタンプ」や「着せかえ」を購入しようと、スタンプショップを開いて、買いたいスタンプを開こうとすると、次のエラー画面が表示されてしまいます。

naver-line-stamp-shop-internet-connection-failure

接続できませんでした
インターネット接続を確認して
再試行してください

状況

もちろん、インターネットに接続できないわけではありません。

原因

しかし実は、このエラーが出るケースではやはり「インターネット接続」の問題が原因です。

その原因で最も多いのが、フィルタリングです。

フィルタリングとは、「未成年には不適切なウェブサイトへのアクセスを遮断する、キャリアが提供しているサービスで、保護者が子どもを保護するために最近よく契約されている機能」です。

この回線のフィルタリング契約を行っている場合に、スタンプの購入画面が遮断されてしまう問題が発生しているようです

対策1:フィルタリング解除

もっとも直接的な対策は、保護者にお願いして、フィルタリング契約を解除してもらうことです。

対策2:Wi-Fiを使う

しかし、その方法は、断られてしまうケースも多いです。

そんなときに使える方法が、Wi-Fi回線を使う方法です。

3G/LTE回線といった、キャリア回線(au・docomo・SoftBankなど)の回線はフィルタリングの対象ですが、Wi-Fi接続で、別のインターネット回線を使えば、フィルタリングを回避することができるため、スタンプ購入ができるようになります

※その他の、フィルタリングを回避する方法についてはこちら→SoftBank・docomo・auの「フィルタリング(ウェブ利用制限・アクセス制限)」を回避する方法

※iPhoneの設定をガチガチにしている保護者の場合、この方法が使えない場合があります。

対策3:LINE STOREを試してみる

家や近所にWi-Fi回線がなかったりする場合には、LINE STORE からの購入も試してみてください(LINEプリペイドカード払いが便利)。

docomo/au/softbankの各社ごともそうですし、同じ会社でも、フィルタリングのレベルごとにブロックされるページは様々に異なるため、LINE STOREでは購入できるケースがあり得ます。

試してみてください。

LINE運営側による対策

過去にも、キャリアによるフィルタリングの影響で、多くの機能が使えなくなる問題がありましたが、その後解決しています。

そのため、LINE運営側による対策が行われて、今後問題が起こらなくなることが予想されます。

別の原因も

以前には、混雑などによる障害発生といった、フィルタリングとは別の原因で、同じエラーが表示される場合も過去にありました。

原因がフィルタリングではなさそうな場合は、このタイプの不具合が発生していないかも確認してみてください。

あわせて読みたい:中高生がフィルタリングを回避する方法と保護者がフィルタリング回避をブロックする方法

※その他の、フィルタリングを回避する方法についてはこちら→SoftBank・docomo・auの「フィルタリング(ウェブ利用制限・アクセス制限)」を回避する方法

逆に、フィルタリング回避をさせない方法(キャリア公式)についてはこちら→保護者向け:子どもの「フィルタリング回避」を防ぐ方法

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿