情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモンGO:「葉っぱが舞う」表示の意味は?ポケモンが出やすい場所なの?についての諸説まとめ

Android (340) iPhone (750) ポケモンGO (157)

ポケモンGOで地図を表示していると、地面から葉っぱが舞うことがあります。

pokemon-go-rustling-green-leaves

普通にプレイしていると、この葉っぱの表示は気にはなるものの、どういう意味があるのか、はっきりとしたことは分かりません

ポケモン=草むらで現れる、という昔からの関連づけ的にも、「ポケモンの出現と何らかの関連がある表示なのだろう」とは思うものの、それ以上の意味については、いろいろな解釈が可能です。

調べてみると、まず公式ヘルプでは、葉っぱについての言及はなさそうでした。

その一方で、様々な説が「葉っぱの意味」として唱えられていることが分かりました。

しかしながら、それらの説について、理由や裏付けについてはそもそも書いていないことが多く、書かれていたとしてもだいぶ曖昧で突っ込みどころが多く、いまひとつスッキリしませんでした。

そこで今回は、ひとまずどんな説があったのか、ここにまとめておきます。

ポケモンが近くにいる説

葉っぱが出た地点の近くにポケモンがいる、という説。

ポケモンがその地点の真上には存在しないものの、周囲にいるはず、というものです。

「本当にいた」という話もありますが、それが本当に「葉っぱの出現」と関係づけてよいものなのか、よくわかりません。

ポケモンが集まってくる場所説

「集まってくる=移動する」という概念が本当にポケモンGOにあるのかがまず疑わしいのですが、「集まってくる」と表現されている説はかなり広まっており、書き手の解釈が様々あれど、それが共通して「集まる」と表現されているような気もします。

例えば、以下の二つの解釈がありそうには感じました。おそらく下がゲームの挙動としては正解だと思われますが。

  • 各ポケモンが位置を持っており、移動して近づいてくるという解釈
  • 「おこう」の効果ような、擬似的な「近づいてくる」という解釈

ポケモンが出現しやすい・出現する場所説

海外だと多かったように感じた表現がこの、「出現ポイント」説でした。

the rustling leaves are meant to indicate that this is the area on the map where Pokémon will generally spawn 引用元

「一般に、その地点にポケモンが出現する」という考え方です。

実際のところ、「集まってくる」説と、言わんとしているところは同じかもしれません。

こちらのほうがより、葉っぱが現れない場所はポケモンの出現位置にならない、というよう考えも含んでいるように感じられますが、一応相対的なものであり、葉っぱが出ない場所にもポケモンは出現するケースがある、という余地を残した書かれ方をしています(リンク先)。

ここまでで消化した説たちが、主流の考え方です。

正直、これらは微妙な表現・解釈の違いで、「葉っぱが出た」という情報を利用しようとする分には、「近づいてみよう」「行ってみよう」という共通の結果に至る気がします。

葉っぱが現れたタイミングで、そこにポケモンが居た説

「葉っぱが現れたタイミングでそこにポケモンが居た」という説もあります。近づくまでに消えてしまうから、近づいてもいない、というものです。

しかし、すぐ近くで葉っぱが現れてもポケモンがいないことから、この説はかなり否定されています。

葉っぱが現れたタイミングで、ポケモンが消えた説

その特別な場合が、このポケモンが消えた瞬間を表しているんだ、という説です。

これも、そこにポケモンが居た説と同じ理由から、否定的な説のようです。

映像表現的には、それっぽい感じもしますが。この場合、今さら近づいても、もういないから無意味、と言えそうです。

葉っぱが現れたタイミングで、ポケモンが出現した説

逆に、「出現したタイミングで葉っぱが舞う」という説もあるのですが、これも同じ理由から、(より容易に)否定されます。

ただの映像上の演出で意味が無い

実はこの「ポケモンの出現とは無関係」という説も言われています。何か当てになった試しがないから、という意味ではなるほど、と思ってしまいます。

しかし、無関係だ、ということを裏付けるのはかなり困難そうです。

スポットが移動する説・移動しない説

また別の切り口として、葉っぱが現れる場所にポケモンが現れやすい傾向があると考えたとき、そのスポットが、(1)ずっと引き続き出現しやすいスポットなのか、それとも、(2)スポットは移動を繰り返すのか、ここにも2つの説があります。

レアなポケモンが~系の説

さらにまた別の切り口としては、「レアなポケモンがいる」のように、「レア」が強調されているケースもあるようでした。

まとめ:「ポケモンの出現のしやすさと何らかの関連がある」という考えが主流

いずれにしても、何らかのポケモンの出現と関連がある、という考え方が主流で、その中でも、「ポケモンが出現しやすい場所・出現する場所」と捉えるのが、広く受け入れられている解釈のようです(このとき「場所」は「エリア」というイメージで、ある程度広い範囲の可能性もあり、近くに出現する説も含まれる)

説に細かい違いはあるものの、「葉っぱが現れる場所に行ってみるとよい」という「行動」の点では、あまり大きな違いにはなっていないようです。

ひとこと

ポケモンGO、説明のない要素が多すぎて、いろいろな部分について推測が繰り返されており、随分面白いことになっている、と感じました。とりあえず、葉っぱ問題については、公式から正解を聞きたい。

コメント(0)

新しいコメントを投稿