情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone】ピープル機能の自動分類結果を修正する方法(除外と結合)

iOS (75) iOS 10 (54) iOS 10.2 (5) iPhone (848)

iOS 10 の「写真>アルバム>ピープル」では、顔認識で自動的に人物ごとのアルバムが作成されています。しかし、たまに間違って違う人が同じアルバムに分類されてしまっていることがあります。

実は、これを訂正する方法があるのですが、かなり分かりにくいので、その手順を紹介します。

ピープル機能

「ピープル」機能はiOS 10の新機能で、ホームにある「写真」>「アルバム」の中にあります。

iphone-photo-people-modify-people

画像が解析・分類され、自動的に人物ごとにアルバムが作られます

間違っていることも

しかし、同じ人が別々に分類されてしまっていたり、違う人が同じピープルアルバムに入れられてしまう場合があります。

同じ人が別々のアルバムに入ってしまっている場合は「結合」、違う人が同じアルバムに入ってしまっているときは「この人ではありません」という処理を実行する必要があります。

ピープルの「結合」の方法

ピープルの結合操作は簡単です。

ピープル画面を開いて、右上の「選択」をタップ → 結合したいアルバムを複数選ぶ → 右下の「結合」をタップで結合できます。

「この人ではありません」操作の方法

難しいのは、ひとつのアルバムの中で、別の人が誤認識されてしまっている場合の対処方法です。

まず、修正したいアルバムを開きます。

iphone-photo-people-modify-tap-people-album

そして、「選択」をタップします。

iphone-photo-people-modify-tap-select

そうしたら、ここが最大のポイントなのですが、「顔を表示」をタップします(これをしないと、この後、必要な選択肢が表示されない)

iphone-photo-people-modify-tap-show-faces

すると、顔の部分が拡大表示されるので、誤って顔認識されてしまっている「別の人」を選択して、左下の「シェアボタン」をタップしてください。

iphone-photo-people-modify-select-faces

この手順で進んだときに表示される、「この人ではありません」をタップすることで、この誤認識を除外することができます。

iphone-photo-people-modify-konohitodehaarimasen

ひとこと

このボタンを見つけるの、難しいです、かなり。

コメント(0)

新しいコメントを投稿