情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Chromeで「このページでこれ以上ダイアログボックスを生成しない」が出ない「無限アラート」とその対策メモ

Chrome (154) JavaScript (15)

NHK「スマホの『消せないメッセージ』に注意」がどんなサイトなのか探してチェックしてみた」の記事を書く際に、無限アラートを表示するサイトの挙動について調べました。このとき、「Chromeなら無限alertでも、『このページでこれ以上ダイアログボックスを生成しない』が出るから大丈夫だろう」と高をくくっていたのですが、無限アラートが何度表示されても、一向に「このページでこれ以上ダイアログボックスを生成しない」が出てくれませんでした。閉じても閉じても同じメッセージが表示されて、止めることができません(別の方法で脱出できたけど)。ここで「一体どうして出なかったの?」と思って、そのサイトの無限アラートの実装方法を確認して対策を調査したので、その結果を書いておきます。

無限アラート

JavaScriptを使用した無限アラートは、閉じても閉じてもアラート(alert)が無限に実行されるようになっています。

しかし、Chrome(PC版。スマホはどうなんだろう)では、このように無限ポップアップが表示されても、同じページで2回以上ポップアップが表示されたときに「このページでこれ以上ダイアログボックスを生成しない」というチェックボックスが表示されて、これにチェックを入れさえすれば、もう「alert」が実行されなくなる、という機能があるので、回避が簡単です。

chrome-inifinite-alert-block-sample

「このページでこれ以上ダイアログボックスを生成しない」が出ない無限アラート

と、思っていたのですが、「NHK「スマホの『消せないメッセージ』に注意」がどんなサイトなのか探してチェックしてみた」で紹介したサイトを調べていたときに遭遇した無限アラートでは、「このページでこれ以上ダイアログボックスを生成しない」が出ませんでした

実装内容について調査

そんななぜか「これ以上生成しない」が出てくれない無限アラートがどんな実装になっているかを確認してみました。

するとどうやら、Chromeは単純な無限ループの場合であったり、素朴なalertが何回か表示されるだけであればダイアログに「このページでこれ以上ダイアログボックスを生成しない」が出て止めてくれるものの、そうはならない場合もあることが分かりました(書き方次第?)。

JavaScriptを簡単にオン・オフできるChrome拡張がおすすめ

こんなこともあるので、このような無限アラート対策として、JavaScriptをいざというときに無効化できるChrome拡張をインストールしておくことをおすすめします:「jsoff - Chrome ウェブストア

アドレスバーの隣にJavaScriptのON/OFFボタンが追加されるシンプルなプラグインで、すぐJavaScriptを無効にすることができます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿