情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

実際の風景にナビ(道案内/道順)を埋め込み表示できる「ARCity」アプリの使い方

ARCity (1) iOS 11 (206) iPhone (1330)

2018年1月11日にテレビのニュース番組(ZIP!)でも紹介された「ARCity - AR Navigation(エーアール・シティー)」の基本的な使い方を紹介します。

AR Cityは、AR技術を利用した地図・道案内アプリ(ナビゲーションアプリ)です。

このアプリを使うと、次の紹介画像の通り、実際の目の前の風景に、ナビを埋め込み表示することができます。iPhoneのカメラをかざしている範囲に、目的地に向けて歩いて進んでいくべき道やその方向が、曲がり角含めてリアルタイムに埋め込み表示されます。

画面表示される操作説明が全て英語であったり、分かりにくいあまり使わない設定画面などが表示されるので、そのあたりについて、日本語説明を加えます。

「ARCity」のダウンロード

ダウンロードはこちらから可能です:

現在はiPhone版のみ利用可能で有り、Android版では利用できません。また、利用にはiOS11および、iPhone 6s以降のiPhoneが必要となります。

カメラと位置情報の利用許可を出す

アプリを起動すると最初に「カメラ」と「位置情報」の利用許可を求める画面が表示されるので、「OK」→「許可」とタップした上で「OK」をタップして先へ進みます。

「Confirm Location」画面

次に、自分の正確な位置(と向き)を指定する地図画面「Confirm Location (Move the map to set exactly where you are)」が表示されるので、地図を動かしたり、2本の指で地図を回転させたりして、自分の位置と向きが正しくなるように調整した上で、「Confirm Location」をタップしてください(向きも「自分が向いている方向」を指定するので、はじめから地図の上が北方向ではありません。注意してください)。

「Search for nearby location」画面

次に、目的地を指定します。「Search for nearby location」をタップして、目的地を入力します。徒歩圏内を入力して下さい。

そして、検索結果の候補の中から、目的地を選択します。

風景にiPhoneのカメラを向けてナビをリアルタイム埋め込みする

あとは、iPhoneを持ち上げて、風景にiPhoneのカメラを向けてください。そうすると、地図上に表示されていた道案内が、風景の中に埋め込み表示されます。

道と表示の位置がズレてしまっている場合は、画面をなぞると水平移動、2本指で回転させると回転移動して、微調整することも可能です。

バッテリー消費に注意

かなりバッテリー消費が激しい模様なので、注意してください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿