情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Excel左上の「自動保存」が「オフから変更できない」「オンにならない」のはどうして?について

Excel (33) Microsoft Office (31)

Excelの画面一番左上に表示される「自動保存」について、「オフ表示のままでオンにできないのはどうして?オンにする方法は?」と疑問に思ったユーザー向けの情報を紹介します。

Excelの「自動保存表示」

最新版のExcel(画像はOffice 365 Solo版)には、Excelの画面の一番左上に、「自動保存」と「オン・オフ」の切り替えスイッチが表示されています

しかしこの画像のように、切り替えスイッチは操作できない状態で、「オフ」のまま「オン」にできない状態のユーザーも多いかと思います。

「自動保存」の意味

実はこの「自動保存」の表示は、ExcelファイルをOneDriveやSharePoint Onlineなど、Microsoftのオンラインストレージ上に保存している場合に意味のある設定表示なのです。

したがって、まだ保存していない「新規作成」したExcelファイルであったり、手元のパソコン(ローカル)に保存しているだけのExcelでは、そもそもこのオン・オフ表示の対象外なのです。

このことについては、この表示部分にマウスオーバーすると表示される説明文でも確認することができます。

自動保存は使用できません

このファイルの場所では自動保存がサポートされていません。自動保存を使用するには、OneDriveまたはSharePoint Onlineに保存してください。

つまり、この通り「自動保存は使用できません」の状態であれば、自動保存設定が「オフ」であること自体は気にする必要がありません(なんとなく「オン」にしたくなるかもしれませんが)。

OneDriveに保存すると

実際ExcelファイルをOneDrive(と同期しているフォルダ)に保存すると、次の通り特に追加の設定を行うことなく、デフォルトで「自動保存 オン」となります:

Excelがクラッシュした時向けの自動保存は?

よくExcelが落ちてしまったとき、Excelファイルの内容が自動回復されることがあるかと思います。あれも一種の「自動保存」が行われていたとも考えられるのですが、そちらの自動保存は、「ファイル>Excelのオプション>保存>ブックの保存>次の間隔で自動回復用のデータを保存する ○○分ごと」から自動保存の間隔を変更したり、自動保存の有効無効を変更することができます。

一方、今回紹介した自動保存機能は、数秒間隔で変更を検知し保存されます。

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿