情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Excel】「別のプログラムでのOLEの操作が完了するまで待機します」エラーの対策メモ

Excel (31) Excel 2016 (16)

Excelを終了しようとした際に「別のプログラムでのOLEの操作が完了するまで待機します」エラーが表示されてしまい、Excelを閉じることができませんでした。また、「OK」を何度クリックしても、しばらくして同じエラーが出る状態の繰り返しに陥ってしまいました。

このエラーの無限ループ状態から抜け出した方法についてメモしておきます。

「別のプログラムでのOLEの操作が完了するまで待機します」エラー

Excel 2016(Office 365 Solo)を閉じようとしたところ、次のエラーが表示されてしまい、終了することが出来ない状態になってしまいました:

Microsoft Excel
別のプログラムでのOLEの操作が完了するまで待機します。
[OK]

一度「OK」をクリックしても、再び同じエラーが表示されるのみで、一向にExcelを終了することができません。

やってみた対策

そこで、Webの「設定を変更すれば直る」という情報を参考に、いろいろExcelの設定を変更することとしました。

しかしそもそも、このエラーが表示されている状態では、Excelの設定を開くことすらできません

また、OKをクリックしてから再び同じエラーが表示されるまでの間にも、Excelはフリーズした状態で、設定を開くことはできません。

そのため、OKでエラーダイアログを閉じてすぐ、Excelアプリをダブルクリックで改めて起動する、という方法でぎりぎり別ウィンドウのExcelを起動し、そちらで設定を変更してみました。

まず、Excelのオプションを開いて「詳細設定>全般>Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する」をオンにして、DDEの無効化をしました。そして、「アドイン」から、ExcelアドインおよびCOMアドインを全て一度無効化しました(具体的には、分析ツール、分析ツール - VBA、Acrobat PDFMaker Office COM Addin、ATOK拡張ツール COM Addin)。

また、同じくExcelの詳細設定にあった「ハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする」をオンにする設定変更も行いました。

しかし、一連の設定を変更しても、結局エラーは繰り返し表示されるままの状態で、解決できませんでした。

スタートボタン(画面左下にあるWindowsロゴボタン)を右クリックして「イベントビューア」を開き関連しそうなエラーを探ってみました。対応していたのは「イベントビューアー>アプリケーションとサービスログ>Microsoft Office Alerts」にありmさいたが、「Microsoft Office 16 Alerts」をソースとしたエラーで、EventDataは全く同じ「別のプログラムでのOLEの操作が完了するまで待機します」というメッセージで、特に新しく参考に出来そうな情報は見当たりませんでした。

解決した対策

最終的に、いくつかのプロセスを停止してみたり、アプリを順番に閉じながらエラーメッセージの「OK」をクリックして再発するかどうかを試していました。

すると、どういうわけか、MobaXtermを終了したところ、突然新しいExcelが開くなど、操作を受け付けていなかった間の操作がまとめて発動しつつ、Excelを終了できるようになりました

「OLEの操作が完了するまで待機します」という状態において、相手のアプリが終了するとExcel側の「待機」状態も解かれる、という仕組みになっていたのかもしれません。

ひとまず、いろいろなアプリを閉じてみるという方法が、このエラーの「Excelを強制終了する」以外の対策として有効のようなので、疑わしきアプリから順番に終了しながら、様子を見るようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿