LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEの「リプライ」機能(引用返信機能)の使い方

LINE (1486) LINE-新機能 (43)

2018年7月18日より、iPhone版LINEおよびAndroid版LINE、PC版LINEの最新版にて、「リプライ」という新機能が利用できるようになりました。

「リプライ」は日本語で言うと「返信」という意味です。この「リプライ」機能を使ってメッセージを送信すると、自分の書いたメッセージが吹き出しに表示されるのはいつも通りですが、それとセットで、どのトークに返信したのか、その返信先トークの文章が引用表示されます。

これにより、流れが速かったり、途中に別の話題が挟まったトークでも誤解されることなく返信することができます。

この新機能の使い方と、何が起こるのか(どんな風に表示されるのか)を紹介します。

LINEのリプライ機能の使い方

操作方法を、iPhone版LINEを例に紹介します(あらかじめ、最新版のLINEにアップデートしておいてください)。

LINEのリプライ機能を使うには、まず返信したい対象のトークを長押しします(PC版の場合は右クリック。ちなみにこの例だと、リプライ機能を使う意味はほとんどありません。操作説明用です):

するとメニューが表示されるので、新しく追加された「リプライ」をタップします:

すると、リプライ専用のトーク入力画面が表示されるので、メッセージを入力します:

メッセージを入力したら、「送信」ボタンをタップします:

すると次のように、返信対象のメッセージが引用されて、入力したメッセージとセットで送信されます:

受け取った側の表示

このメッセージが届いた側にも、ほぼ同じ見た目でメッセージが表示されます:

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿