情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Chrome「提案されたパスワードを使用」を表示しない無効化設定の方法

Chrome (123) Windows (362) Windows 10 (131)

Chromeの最新版にて、会員登録ページ(アカウント新規作成ページ)でパスワードを設定しようとした際に、「提案されたパスワードを使用 このパスワードはGoogleアカウントに保存されるため、覚えておく必要はありません」というパスワード提案機能が動作するようになっています。

この機能を無効にしようと思ってChromeの設定の「パスワード」のまわりを見ても、無効にする設定が見当たりません。

しかし実はこの機能を無効にするための設定項目は、別の場所に用意されています。今回はその設定変更の方法を紹介します。

「提案されたパスワードを使用」

Chromeの新機能「提案されたパスワードを使用」は、会員登録ページのパスワード入力欄にカーソルを合わせたときに自動的に発動するようになっています:

表示しないようにする方法

この「提案されたパスワードを使用」のポップアップ表示を表示しないようにするには、Chromeから「chrome://flags/#automatic-password-generation」を開いて、「Default」から「Disabled」に変更してから、Chromeを再起動します。

Automatic password generation
Allow Chrome to offer to generate passwords when it detects account creation pages. – Mac, Windows, Linux, Chrome OS, Android
#automatic-password-generation

この設定変更を行うことで、これ以降、「提案されたパスワードを使用」は表示されなくなります。一方その他の入力補完(メールアドレスの入力補助など)は引き続き利用することができます。

その他の新機能・新デザインを元に戻す設定方法

コメント(0)

新しいコメントを投稿