情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windowsの新元号対応レジストリ設定を削除して元に戻す方法

Excel (31) Windows (378) Windows 10 (147)

Windowsに新元号に対応するためのレジストリ(「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras」)を追加していた場合の削除方法について紹介します。

※設定削除ではなく、新元号設定の追加方法が知りたい場合はこちら

レジストリエディタを起動する

まずキーボードの「Windowsキー」を押しながら「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」画面を表示した後、「regedit」と入力して「OK」をクリックします:

値を削除する

「レジストリエディター」が起動するので、左のツリーを「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras」の通りたどって、次のような元号の設定画面を開きます:

そうしたら、「明治・大正・昭和・平成」ではない、「2019 05 01」というところを右クリックして「削除」をクリックします:

すると最後に次の「値の削除の確認」画面が表示されるので、「はい」をクリックして削除完了です:

値の削除の確認
一部のレジストリ値を削除するとシステムが不安定になる場合があります。この値を完全に削除しますか?
[はい] [いいえ]

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿