情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS14に自動アップデートしないように自動アップデート機能を無効にする方法

iOS 13 (42) iOS 14 (46) iPhone (1493)

本日2020年9月17日、間もなく最新版のiOSである「iOS14」のアップデートが公開される予定です。

しかし、多くのアプリでまだiOS14での動作確認が完了しておらず、「アップデートを控えるように」といった案内が出されている場合があります。

そのため今回は、「iOS14にアップデートしたくない」場合などに自動アップデート機能を止めておく方法を紹介します。

これにより、「うっかりiOS14にアップデートしてしまった」「間違えてiOS14にアップデートしてしまったのでiOS13に戻したいけれど戻せないらしい」といったトラブルを防ぎます。

※iOS13系の最新版であるiOS13.7を利用。

自動アップデート機能を無効にする方法

まず「設定」アプリを開き、「一般」を開きます。

そして、「ソフトウェア・アップデート」を開きます

すると現時点でiOS13.7が最新版であるためここには「iOS13.7 お使いのソフトウェアは最新です」と表示されるのですが、その上部に「自動アップデートをカスタマイズ」という項目が表示されるので、こちらをタップして開きます(※以前のiOSを利用している場合は、この表示ではなく、画面下部に「自動アップデート」という項目が表示される場合があります)。

ここに表示される「iOSアップデートをダウンロード」を「オフ」に切り替えることで、自動的にiOSがアップデートされることを防ぐことが可能です。

設定した結果、次のような表示に切り替わり、自動ダウンロードが抑制され、自動アップデートも同時に行われないようになります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿