情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Chromebook】ブラウザ版Excelで開きたいのにAndroid版Excelが開いてしまう場合の対処法(「ブラウザーで開く」でもブラウザ版Excelが開かない問題)

Chromebook (56) Chromebook-Excel (4)

Android版ExcelをGoogle Playからインストールして利用している際に、何らかの理由で「今回はブラウザ版で開きたい」となる場合があります(複数のExcelファイルを同時に開いて同時に編集したい、等)。

しかし、Chromeブラウザで開いたOffice.com(OneDrive)からダブルクリックで開こうとしたり、右クリックのメニューから「ブラウザーで開く」を選択したりしても、自動的にAndroid版Excelが起動してしまいます

Android版Excelをアンインストールすればブラウザ版で開くようになるのですが、この状態になってしまったときに、Android版Excelで開かずに、一時的にブラウザ版Excelで開く方法を紹介します。

※ASUS Chromebook C223NA + Chrome OS (Chrome) 87.0.4280.109 にて確認。

Android版Excelが開いてしまう

ChromeからOffice.comにアクセスして、OneDriveに保存しているファイルを開こうとしたり、「アップロードして開く」機能を利用してブラウザ版Excel(Excelオンライン、Web用Excel)を使って閲覧・編集しようとしても、インストール済みのAndroid版Excelが立ち上がってしまい、そちらで開かれてしまう場合があります。

ブラウザ側を明示的に指定して開く「ブラウザーで開く」というメニューもあるのですが、ブラウザーで開くことを選択しても、Android版Excelが開いてしまいます

この挙動は、先にWeb版のExcelのページへアクセスしておいて、そこからファイルを選択しても同様です。

URLを直接開く

これを回避する手軽な方法は、ブラウザ版Excelの編集画面のURLを直接開くことです。

ただしこのURLを取得しようと、Office.com内のOneDriveに表示されたExcelファイルを右クリックしても先ほどのメニューが表示されてしまい、もともとのChromeが表示していた右クリックメニュー(コンテキストメニュー)の「リンクのアドレスをコピー」を利用することができません。

そこで利用できる方法が、ファイルをドラッグして、タブ化して開く方法です。

Office.com上のOneDrive内に表示されたファイルへのリンクをクリックするのではなく、そのままドラッグして、タブ一覧のところまで持っていって離します(ドラッグ&ドロップする)。このとき、タブが開ける状態になると(スクリーンショットには表示されていないのですが)、緑色のプラス(+)マークがつかんだ手のマークに表示されて、離したらタブで開く、ということが分かります。

成功

これで無事、Android版Excelを開くことなく、ブラウザー版Excelを選択して開くことに成功しました:

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About