情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Android】Chromeが更新できない/アップデートできない問題に対する公式案内と対策について

Android (686) Chrome (197)

AndroidスマートフォンでGoogle Playから「Chrome」アプリを更新しようと「更新」ボタンをタップしてもすぐにボタンが戻ってしまい更新できない(アップデートできない)問題が以前より一部のユーザーの間で発生しています。

通常であれば「再起動」や「Google Playのキャッシュ削除」、「Android OSのソフトウェアアップデート」などがそういった「更新できない」問題が発生した場合の対処法なのですが、実は現在「更新できない」状態になってしまう特定の問題が発生しており、それに対して特別な対策関連情報がGoogle公式より案内されています

今回はその方法について紹介します。

「Chromeで更新ボタンが押せない」

Android版ChromeをGoogle Playからアップデートしようとして「更新ボタン」をタップしてみてもすぐに元に戻ってしまい、アップデートが始まらない問題が一部のユーザーの間で発生しています。

この問題について、「更新できない」「アップデートできない」「更新を押しても反応しない」「アップデート保留中のままアップデートされない」などの声が上がっています。

Android版Chromeをアップデートできない問題は公式が把握済み

Chromeを提供しているGoogleは、Google Playでの「更新できない」とのレビュー投稿それぞれに対し、次のような文章を返信しています。

問題についてはこちらでも確認できており、次のコミュニティのページでより詳しい情報をご案内しています。https://goo.gle/3okKrmP 引き続き Chrome アプリをよろしくお願いいたします。

引用元

案内されているページは「英語」

ここでは短縮URLで「コミュニティ」のページが提示されています。

しかしそのリンク先は英語のページ「I can't update Google Chrome on the app store.」であり、そもそもそのページの内容も対策手順の案内ページではなく、ユーザーのコミュニティへの投稿のページであるため、結局どういう対策を行えば良いのかが分かりにくい状態になってしまっています(※日本語版、のようなものも案内がありません)。

対策1:自動アップデートを有効にする

リンク先では、Google社員による回答が「おすすめの回答」として回答内で一番上に表示されており、その内容がレビューから案内されているものと思われます。

その内容は少し複雑なのですが、それを見る限りまず試してみると良さそうなのが、自動アップデートを無効に設定している場合は有効にしてみるという方法です。

現在発生している問題は「更新ボタンを押してもアップデートできない」問題で、現在この問題の修正を続けているとのことですが、いずれにしてもその修正が完了するまでの回避方法は「更新ボタンを押す以外の対策を行う」ことです。

その「その他」の方法の中で最も「見落としやすい/気が付きにくい」のがこの「自動アップデートに任せてみる」という方法です。

なお、この「自動アップデート」に切り替えた後は、Wi-Fiに接続した状態で端末を充電したまま触らずにおいておくなど、自動アップデートが発生しやすい状態にした上でしばらく待ち、自動アップデートが発動する機会をしばらくの間待つようにしてみてください(自動アップデートを有効にしてもすぐにはアップデートされなかったりするので)。

「おすすめの回答」内で「自動アップデートに変更する」という手順そのものは案内されていないのですが、「自動アップデートを選択している場合は何もせずに待ってみて」と案内しており、「(この後に説明されている自動アップデートを無効にしている場合の手順と比較すると)自動アップデートを選択している人になってしまうほうが早いのでは?」と考えた結果がその対策です。

対策2

その他の対策は、「自動アップデートを無効にしている場合」向けの対策で、「マイアプリ&ゲーム」で「アップデート利用可能」の隣に表示される「「すべて更新」をタップしてアップデートする方法(つまりChromeページの更新ボタンを使わない、ということ)と、Google Playストアアプリのキャッシュをクリアする方法などが案内されています。

うまく行かないケースも

しかしこの「自動アップデートにする」「キャッシュを削除する」「すべて更新を実行する」などを試してもChromeをアップデートできないケースも少なくないようです。その場合に関しては、一般的な対処法となるAndroid OSのソフトウェアアップデートや、Chromeアップデートの削除などの実施なども検討してみてください。

※なお、2021年2月7日時点で「おすすめの回答」の「役に立ちましたか?」という投票ボタンに対してポジティブな回答が339件に対してネガティブな回答が1322件となってしまっています。

付録:自動アップデートを有効にする方法

自動アップデートを有効にするには、Google Playストアアプリを開いて左上に表示されるメニューボタン(三本線ボタン)をタップしてから「設定」を開き、「アプリの自動更新」で「アプリを自動更新しない」以外の選択肢、つまり「ネットワークの指定なし」または「Wi-Fi経由のみ」を選択してみてください。

なお、ずっと自動アップデートを無効にして利用していた場合、これをきっかけに今までアップデートしないでいたアプリが一斉にアップデートされ、通信量が急激に消費されてしまい、通信制限などに繋がってしまう恐れもあります。そのため多数のアプリの更新をダウンロードしても問題ないようなWi-Fiに接続した上で有効化することをおすすめします(その際は「Wi-Fi経由のみ」を選択)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿