情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS15にアップデートしたら突然Siriに「通知の読み上げ」が行われるようになった場合に無効化する対策方法(Instagram、Twitterで発生?)

Siri (7) iOS 15 (36)

iOS15へのアップデート後、一部のユーザーの間で、一部のアプリ(Instagram)から突然「通知の読み上げ」が行われるようになった、との報告が増えています。

この通知の読み上げをオフにする設定方法を紹介します。

通知の読み上げ

iOS15のアップデート後に突然、AirPods Pro等で音楽を聴いている最中などにSiriの声が割り込んで、通知の内容を読み上げるようになった、というユーザーが一部発生している模様です(Instagramでの発生が目立つ)。

Siriから通知の読み上げが行われた後、そのままSiriに対して指示ができる、という機能の説明が読み上げられます。

その後も、度々この通知の読み上げが行われます(機能説明は初回のみ)。

通知設定は個別アプリ内ではなく設定アプリ内

この通知の読み上げがInstagramで行われたとき、確認すべき設定はInstagramアプリ内ではなく、「設定」アプリ内です。

通知読み上げを無効にする方法

通知読み上げをオフにするには、「設定」アプリを開いて、「通知」>「通知の読み上げ」を開いて、「通知の読み上げ」を「オフ」に変更します。

アプリごとに設定を変更するには、そのまま「通知の読み上げ」設定の画面を下へスクロールして、該当するアプリをタップして「オン」から「オフ」に変更します。

Instagram、Twitterで発生?

今回Instagramで突然この問題が発生したのですが、このアプリごとの設定が、「iTunes Store」「Face Time」「App Store」「Game Center」「TV(Apple TV)」「Watch」「カレンダー」「スクリーンタイム」「ホーム」「マップ」「ミュージック」「メッセージ」「リマインダー」「接触通知」などのApple純正アプリ以外では、インストールしていたアプリ内で突然「「Instagram」「Twitter」の2つだけ「オン」となっていることが分かりました。

どのような経緯でこのような違い(他のアプリはオフ)が発生しているのか不明ですが、参考情報として紹介しておきます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿