情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS15にアップデートしたら通知が来ない/遅れるようになった場合の原因や対策などについて

iOS 15 (36) iOS-通知 (3) iPhone (1587)

iOS15へのアップデートを行った一部のユーザーの間で、iOS15へのアップデート後に通知が来なくなった、LINEの通知が来ない、Twitterの通知が来ない、;Instagramの通知が来ない、もしくは遅れる、等の問題の報告があります。

このような状況になった際の対策などについて紹介します。

iOS15へのアップデート後に通知が来ない

iOS15へのアップデート後に、一部のアプリで「通知が来ない」と困ってしまうユーザーが一部で発生している模様です(※「遅れる」も同様)。

原因や対策について

ただし今のところ、「iOS15に通知が届かなくなる/通知が遅れる不具合がある」かといえば、その観点に関しては、はっきりとしたことは分かっていません。

というのも、もともと「通知が届かない」という症状は普段から突然発生することもあるため、複数の原因が混ざりやすく、原因を特定することが難しいためです。また、数としてそこまで報告が多くない点も関連してきます(※通知が届かなくなってしまっていることに気が付いていない可能性も含まれますが)。

そのような状況ですが、「通知が届かない」という不具合と「iOSアップデート」というiPhone上の大きな操作/変更との関係についてはいろいろと確認しておきたい対策ポイントがあるため、それらを紹介します。

iOSの通知アクセス許可が外れていないかを確認する(再インストール)

iPhoneの機種変更/データ引き継ぎ時などを中心に発生する場合があるのですが、通知が来なくなったアプリの通知設定が変わってしまっていないか(外れて閉まっていないか)を確認してみてください。

確認するには、まずiPhoneの「設定」アプリを開きます。

そして、ずらっと並ぶ設定項目たちを下へスクロールしていって、通知が届かなくなったアプリの名前をタップして開きます。

すると、そのアプリに関する設定、特に「○○にアクセス許可」と書かれたところに、そのアプリに対して許可されている捜査が並びます。

そのアクセス許可の中に「通知」という項目があることをまず確認してみてください。ここで「通知」が見当たらなくなっている場合は、iOS15へのアップデートもしくはその前後に行った何らかの操作等で、アクセス許可が外れて閉まったものと思われます。この場合は権限の要求と付与をやり直すために、アプリの再インストールという対策を試してみてください。

本体設定側の通知設定を確認する

もしそこに「通知」という項目が表示されていたのであれば、その「通知」をタップします。

そして、「通知を許可」が「オン」になっていることを確認してみてください。

また、「ロック画面」「通知センター」「バナー」にチェックが入っていることも確認してみてください。

iPhone本体を再起動する

iOS15では、特に表示関連で細かい問題が発生しており、再起動により解消する、といったケースがあります。

そのため、通知が届かない問題に関しても、一度iPhone本体の再起動を行ってみてください

集中モードがオフになっていることを確認する

iOS15から導入された「集中モード」を操作ミスなどでオンにしてしまっている場合、通知が届かなくなる場合があります(※コントロールセンターは説明があまり表示されないこともあってか、以前より操作ミスや、誤解による設定が発生しています。参考。)。

「設定」アプリから「集中モード」を開き、そこに並ぶ「おやすみモード」や「睡眠」、「パーソナル」「仕事」などの右隣に「オン」と表示されている項目がないかを確認し、もし「オン」があるようであれば、設定を開いてそのモードを「オフ」に切り替えてみてください。

iOS15対応版にアプリをアップデートする

アプリによっては、iOS15への対応版アップデートをリリースしていたり、今後リリースする予定となっている可能性があります。

その中身が「通知が届かなくなる」という不具合かどうかは別にしても、iOS15で正しく動作しないケースに対する対策が、結果として通知が届かない問題への対策となる可能性もあります(※通知の種類や送信に至るまでの仕組み/関係する機能利用の流れ等によるところも大きいのですが)

そのため、AppStoreでそのアプリのページを開き、最新版アップデートが提供されている場合は、最新版へのアップデートを行ってみてください。また、既に最新版である場合も、今後アップデートがリリースされた場合には、そちらへのアップデートを行ってみてください。

なお、iOS15での問題を解消するアップデートだったとしても、アップデートの紹介文(新機能)の中で「iOS15」と書いているとは限らないため、紹介文を読んで「このアップデートはiOS15とは関係ないらしい」と断定してしまわないように注意してください(※アップデートの紹介文に全てのアップデート内容が書かれている訳ではない、というのがまずあります)

iOS15を意識せずに原因を調べる

その他、「通知が来ない」という不具合はiOS15以前から発生している、という観点に立って原因について調べてみることも行ってみてください。

その場合、主な対策としては以下があります:

  • アプリ内の通知設定を再度確認する(一度オフにしたあと、オンに戻す、なども試す)
  • iPhone本体を再起動する(手順としては前項と重複)
  • アプリを最新版にアップデートする(手順としては前項と重複)

なお、例えばLINEの場合は、iOS15の提供開始よりもずっと前から、次のような案内文がヘルプに掲載されています。こういった情報も参考にしてみてください(その後対策としては、Appを取り除く方法が紹介されています):

端末⋅LINEアプリ内の通知設定およびネットワークに問題がないにも関わらず通知が届かない場合、Apple社の通知配信サービス(APNS)に問題が発生しています。

この現象はLINEの問題ではないため、Apple社と連携し問題解決に努めます。

引用元

iOS15の修正版アップデートを待つ

その他、現時点ではっきりとしたことは分かっていませんが、iOS15独自の問題で、iOS15.1やiOS15.0.1のような追加のアップデートにより修正される可能性があります。また、そうでなくとも、「iOSのアップデート」という操作が、ある種「強力な再起動」のように機能し、問題が解消される可能性もあります。

そのため、iOS15に対する追加のiOSアップデートの提供が開始された際には、ソフトウェアアップデートの実施を検討してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿