情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS15】集中モードの「おやすみモード」で通知をロック画面に表示する方法

iOS 15 (36) iPhone (1587)

iOS15より追加された新機能「集中モード」では、従来から提供されていた「おやすみモード」がその一部として取り込まれました。

その際、従来のおやすみモードと異なる点として、通知が鳴らないだけでなく、画面を点けたとき、つまりロック画面を見ても、おやすみモード中に受信した通知を確認することができない、という点があります。

この挙動を元に戻し、通知は鳴らないけれど見たいときには見られる、という状態にする設定方法を紹介します。

iOS15の「おやすみモード」は通知が確認できない

iOS14の「おやすみモード」では、おやすみモードを有効にしておくと通知で音が鳴ったり、バイブレーションが鳴ったりせず、「通知が来ても静かにしている」という状態にiPhoneを設定しておくことができました。

しかし、気になったときに通知を確認しようと思えば、ロック画面を開くだけで受信済み通知を確認することができました。つまり、「静か」なだけで、通知自体はちゃんと確認できる、という仕組みです。

一方、iOS15で「集中モード」の一部となった「おやすみモード」では、通知が届いても静かなのは今まで通りですが、iPhoneを開いてロック画面を見てみても、通知が1件も表示されないように変更されています。

そして、通知を確認するのは、集中モードを解除する必要があり、見終わればまた設定し直しておやすみモードに戻す、という操作をする必要があります。

設定変更でロック画面に通知を表示する

ただしiOS15では、この「ロック画面に通知を表示するかどうか」を設定で変更できる(元に戻せる)ようになっています。

iPhoneの「設定」アプリを開いて「集中モード」を開いたら、「おやすみモード」を開いて、設定項目の中央あたりにある「ロック画面」をタップします。

そして表示される「ロック画面に表示」を「オフ」から「オン」へと切り替えることで、通知がロック画面に表示されるようになります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿