情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS15】Safariの拡張機能を削除(アンインストール)する方法

Safari (47) iOS 15 (36)

iOS15から利用可能となった、iOS版Safari向けの拡張機能ですが、インストール後に周囲の設定画面を確認しても、オフにすることはできるものの、「削除(アンインストール)」する方法が見つけられずに困ってしまう場合があります。

今回は、一度インストールしたSafariの拡張機能を削除する方法を紹介します。

削除が見当たらない

Safariの拡張機能に関する設定は、「設定」アプリ内の「Safari>拡張機能」内や、Safariのアドレスバー左の「ぁあ」ボタンの「拡張機能を管理」から行うことができます。

しかしそのどちらも、無効化(オフ)にはできるものの、アンインストールするための削除ボタンが見当たりません

AppStoreからインストールしたからアプリと同じ?

Safariの拡張機能を一度インストールすると分かるのですが、インストール自体はApp Storeから行いました。

ではアンインストール方法も同じなのでは?と考えると、まず「AppStore」のページを開いても「開く」ボタンしか表示されず削除できないことが思い出されます。

そして、アプリを「ホーム」画面から削除したくなるものの、拡張機能は通常のアプリとは異なり、ホームに追加して利用するわけではありません(※実は追加することができるため、そちらから削除する方法もあります)。

iPhoneストレージ設定から削除する

そこでひとつ利用できるのが、iPhoneの「設定」アプリを開いて「一般」>「iPhoneストレージ」の画面です。

ここには、インストール済みのアプリの一覧が表示されるのですが、ここには拡張機能も表示され、タップするとアプリ同様に「Appを削除」ボタンが表示されるので、そこから削除することが可能です。

なお、アプリが多数あって探しにくい場合は、「iPhoneストレージ」画面の右上にある虫眼鏡マークから拡張機能名で検索してみてください。

設定アプリを再起動

実はどうやらこのまま「Safari」設定の「拡張機能」に戻ると、設定データのみが残り、拡張機能名が表示されないという、一部のデータが残った状態となってしまい、「削除できていない」となってしまう場合があります。

しかしこれはデータが更新されないまま表示されてしまっていることが原因のようで、「設定」アプリを一度強制終了してから再度開き直すことで、元の「拡張機能はインストールされていません」の状態に戻すことができました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿