情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS15】Safariのタブ一覧がタイル表示(2列)になったのはリスト表示(1列)に戻せないの?について

Safari (47) iOS 15 (36)

iPhoneに搭載されているiOSの最新版「iOS15」アップデートでは、Safariに対してタブや検索の操作が大きく変更が行われています。

このSafariに対して行われた大幅変更に関して、「設定を変えれば元に戻せる」と見聞きしたものの、「設定を変更してもタブの一覧画面がタイル表示(グリッド表示)のまま戻らない」や、「タブの一覧画面を元に戻す方法が分からない」など、タブの一覧を戻せずに困ってしまった、というユーザー向けの情報を紹介します。

Safariの操作方法が大幅変更

iOS15では、Safariの画面構成が大幅に変更され、一番大きい変更として話題となっているのは、検索窓(アドレスバー)が、画面上部から画面下部へ移動した点です。

また、それと同時に、タブの一覧表示も大幅に変更されました。

今まで長い間、立体的な表示で縦一列に並んでいたタブでしたが、それが横2列のタイル状に配置されるようになりました。

この変更は最近Googleの「Chrome」アプリでも行われた変更であり、Safariも追従したようにも見える変更です。

元のデザインに戻す設定方法?

このSafariに対する大幅変更に対して、「設定で戻せる」ということも同時に話題となっています。

その設定とは、「設定」アプリ内の「Safari」設定を開き、「タブバー」から「シングルタブ」に切り替える、という方法です。

しかしこの設定は、Safariのすべてのデザインが元に戻るわけではなく、あくまでページを開いている画面のみが対象であり、タブの一覧には戻る効果がありません

つまり、この設定で一覧を2列から1列に変更するというのは対象外、というわけです。

そのため、もし「元に戻せる」と聞いてすべて元に戻せると思って設定してみたものの、タブの一覧のデザインが戻らないのは不具合?と思ってしまっていたとしたら、それは誤解です。

他の設定はないの?

また、それでは他の設定があるのかというと、アドレスバーの位置や機能を元に戻す部分に対しては前述の「シングルタブ」設定が設けられているものの、iOS15.0の時点で「タブの一覧」のデザインを元に戻す設定は用意されていない模様です。

そのため、このタブ一覧に対する改善がほしい、という場合には、今後のiOSアップデート(iOS15.1やiOS15.2などのiOS15のアップデート)を待つこととなりそうです。

なお、今回のSafariのデザイン変更については、iOS15の発表当初のデザインから、以降正式版リリースまでの間に大きく変更があったため、今後も変更・改善が比較的行われやすい状態なのではないかとも思われます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿