情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS15】Safariの「プライベート」を開く/切り替える方法は?どこへ行ったの?について

Safari (47) iOS 15 (36) iPhone (1587)

本日2021年9月21日に実施された「iOS15」のアップデートでは、Safariアプリに大幅な変更が加えられました。その結果、今までタブの一覧を開いたときに左下にあった「プライベート」ボタンが消えてしまい、「プライベート」タブを開く方法/切り替える方法が今まで通りではない状態になってしまっています。

今回は、「プライベートブラウズの入り方が分からない」「プライベートタブは消えてしまったの?」などと困ってしまったユーザー向けに、iOS15でのプライベートタブの利用方法について紹介します。

iOS15アップデートで「プライベート」ボタンが消えた

iOS15アップデートでは、Safariの右下にある四角が2つ重なったアイコンのボタンをタップしてタブ切り替えの画面を開いても、左下に「プライベート」のボタンはなく、代わりに「+」ボタンが表示されるようになりました。

その結果、「プライベート」に切り替える方法が一見分からない、という状態になってしまっています。

iOS15でプライベートモードに入る方法

しかし、プライベート機能が消えた、ということはなく、切り替え方法が変更されているだけで、引き続き「プライベート」自体は利用可能です。

どこから開けるかというと、同じタブ切り替え画面の「○○個のタブv」という部分です。そこをタップします。

すると、「タブグループ」という画面が表示され、ここで「プライベート」をタップすることで、プライベートモードへ移動することが可能です

素早く切り替えるには

なお、この方法の場合、一度「タブの一覧」に移動してからさらに2回のタップが必要となり、今までよりも操作が面倒になったと感じるかも知れません。

そういった場合には、そもそも「タブの一覧」画面には行かずに、通常の画面から「タブの一覧」ボタンを普通にタップするのではなく、長押しする方法も試してみてください。

長押しする分、通常のタップより時間がかかったり、操作に迷ってしまいやすくなるなどのデメリットもありますが、こちらは表示されるメニューから「プライベート」を開くことができ、画面遷移などを省略することが可能です。

好みや慣れやすさなどの個人差があるかと思われるため、両方を試し、良さそうな操作手順を利用するようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿