情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「【総務省】重要なお知らせ、必ずお読みください」SMSや「住民税(督促状)」画面に注意

SMS (286)

本日2023年4月3日夕方頃より、「【総務省】重要なお知らせ、必ずお読みください【GF522】」のような偽メッセージ(偽SMS)が届くユーザーが急増しています。

受信したSMS、特に添付URLの取り扱いなどに注意が必要です。リンク先に表示されることのある「住民税(督促状)」という警告画面等も、偽ページです。

このSMSについて紹介します。

「【総務省】重要なお知らせ、必ずお読みください」SMS

本日2023年4月3日夕方頃より届くケースが急増しているのが、次のようなSMSです:

【総務省】重要なお知らせ、必ずお読みください【GF522】。 http://~.duckdns.org

しかしこのSMSは、総務省から送信されているものではない、偽物のSMSです。

「住民税(督促状)」警告

添付されているURLは偽サイト等につながる場合があり、典型的なのは「住民税(督促状)」という警告が表示されるパターンです。

住民税(督促状)

督促状で指定した期限までに未納の住民税が納付されない場合、財産の差押えを行います。

しかし、この警告メッセージも偽物です。

「日本年金機構 住民税等お支払サイト」ページ

また、そのダイアログを閉じると「日本年金機構 住民税等お支払サイト」と書かれているページが表示され、「住民税未納金額」として、8万円を支払うように誘導されます。

SMSから誘導されたこちらのページも同様に偽物のページであるため、指示に従って支払いを行ってしまわないように注意してください。

偽SMSが届いた場合の対策

こういった状況であるため、この偽SMsが届いた場合は、届いたとしても内容を信じてしまわずに、添付されているURLも開かないように注意してください。

以前より偽SMSが増加中

この偽SMSのような、国の機関等を騙る偽SMSが以前より増加しており、最近では「厚生労働省」や「日本年金機構」、「関税局」などを騙る偽SMSが増加しており、引き続き、今後も注意してみてください。

追記:総務省から注意喚起

その後、4月5日、総務省公式ページ内の「お知らせ」にて「総務省を騙るフィッシングサイトに関する注意喚起」というお知らせが公開され、今回紹介した文面のSMSが届くケースが発生していることについて、注意喚起が行われました。

 「【総務省】重要なお知らせ、必ずお読みください」というSMS(ショートメッセージサービス)が送信される事案が確認されています。
引用元

SMSに添付されたURLのリンク先として表示される場合の多い「住民税等お支払サイト」についても、総務省ではそのようなサイトは設置していない、との案内が行われています:

 当該SMSは総務省を騙り、「住民税等お支払いサイト」といったサイトに誘導するものですが、総務省ではそのようなサイトは設置しておりません。
引用元

コメント(0)

新しいコメントを投稿