LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

【LINE】「アップデートが遅い」と困る前に!アップデート前の準備と対策まとめ

LINE (1009) LINE-iPhone (251) LINE-アップデート (90) LINE-不具合 (46)

現在、たくさんのユーザがLINEのアップデートを実行しているようですが、様々なトラブルが発生しているようです。しっかり準備をしてからアップデートすることで、トラブルを緩和できます。そんな準備の方法を紹介します。

基本:アップデート中はアプリが使えない

アップデートをしているとき、通知は来ても、アプリが起動できないため、返信ができなくなってしまいます

対策:LINEが使えなくなっても良いときにアップデートする

したがって、アップデート中にLINEが使えなくてもいい時間帯にアップデートすることをおすすめします

寝る前にアップデートをはじめたりすると、無駄がないかもしれません。

アップデートでいろいろな問題が発生中

問題:「Appをダウンロードできません」と表示される

「Appをダウンロードできません」と表示される場合は、次の記事→「「Appをダウンロードできません。”LINE”は現在ダウンロードできません。」エラーについてまとめ」を読んでみてください。

問題:アップデートがいつまで経っても終わらない

アップデートのとき、ダウンロードがいつまで経っても終わらずに、インストールが完了しないことがあります

アイコンの下のゲージが増えなかったり、「待機中...」と表示される状態のまま進まなくなってしまうことがあります。

また、その他いろいろな問題を誘発する恐れがあるため、7GB制限には特に気をつけてください

対策1:Wi-Fiを使う

そうならないために、まず3G回線ではなく、自宅のWi-Fi回線を使うという方法があります。これにより、通信が安定します。

実際のところ、3G回線を使っていて、通信速度が遅い(電波が悪い)環境でインストールを作業して、単純にインストール完了まで30分以上かかった、という場合も多いです。したがって、もしアップデートが全然終わらない、という状況になった場合は、慌てて対策せず、じっくりと1時間程度待つのが第一の対策です

また、次のような通信量制限の影響によって極端に遅くなる場合も、Wi-Fiの利用がお勧めです。

Fr:au/KDDI
Sub:通信量が7月28日に 7.00GBを超えました。月末まで通信速度が制限されます

この通信量制限が発生していると、アップデートに失敗しやすく、いろいろなアップデートがらみの問題につながりがちです。 7GB制限になっている人は、必ずWi-Fiを利用するか、2GBの追加購入をしてからアップデートすることをお勧めします。

ただ、注意としては、Wi-Fiを使っているから絶対安定、というわけではない、ということです。Wi-Fiの親機(アクセスポイント・無線LANルーターなどと呼ばれる)から離れていると、つながったり切れたり、というような状態になってしまいます。親機の近くで、「安定した」Wi-Fiを利用してください。

対策2:PCとつなぐ(iPhone)

また、iPhoneの場合は、PCとUSBで接続して、iTunesでアップデートするという方法もあります。iPhone単体でのアップデートに失敗する場合、こちらの方法では成功する場合があります。iPhone単体で終わらなくなってしまった場合(アップデート中に、「読み込み中...」で青いバーが止まってしまう場合)は、起動中のアプリを終了させてから、iPhone本体を再起動してください。

対策3:一時停止&再開をする(iPhone)

ホームのLINEアイコンをタップするとダウンロードが一時停止します。そうしたら、一度App Storeに戻り、アップデートボタンをタップします。すると、ダウンロードが再開します(参考:Stuck on Waiting? How to Resume App Downloads on your iPhone and iPad

問題:アップデートしたらデータが消えた

アプリのインストール後に、ちゃんとアプリが起動せず、再インストールが必要になったり、データが消えてしまう場合があります

対策1:メールアドレスとパスワードの事前登録

端末が同じなら、アプリを消してしまっても同じアカウントにログインできるはずですが、ちゃんとメールアドレスとパスワードの登録を済ませておきましょう

対策2:バックアップをしておく

アプリが起動できなくなってしまうなどした場合に再インストールすると、トーク履歴がすべて消えてしまいます(残っている場合もある)。

そこで、iPhoneの場合は、iPhoneのバックアップを作っておくことをおすすめします

Androidの場合は、トークのバックアップ&インポートができるので、アップデートする前にトークのバックアップを実行しておくことをおすすめします

ただし、iPhoneもAndroidも、バックアップに失敗していたり、何らかの理由でアカウントにログインできなくなったりすると、バックアップの中身を閲覧しようにも閲覧ができなくなってしまいます。そこで、復元はできないものの、普通のアプリから開くことが出来るテキストバックアップ(.txt)を作成しておいて、二重のバックアップ体勢にしておくのもおすすめです

大切なトーク履歴を守るためには、手間を惜しまない方がいいと思います。本当は、トーク履歴なんて消えてもいいや、という使い方がLINEに適していると思いますが。

参考:LINEの再インストールについて

対策3:頑張ってトーク履歴を救出する

パソコンからiPhoneの中身を調べて、トーク履歴を復活させる、という上級者向けの方法もあります。詳しくはリンク先を読んでください。

参考:【LINE】アップデートで消えた友だちとトーク履歴を元に戻す方法と不具合の原因考察(LINE 4.5.0, 4.5.1不具合対策)【検証情報募集中】

問題:アップデート後に不具合が起こった

毎回アップデート後に、落ちる、消えた、などの不具合報告が急増します。

対策:端末の空き容量を確認する

アップデート前に、空き容量が十分であることを確認してください。空き容量が不十分な場合、アプリのデータ破損、データの読み込み失敗など、厄介な不具合が発生する可能性があります。

空き容量の確認方法:http://did2memo.net/2014/12/18/iphone-check-free-storage-size/

ひとこと

※アプリのアップデートだけでなく、OSのアップデート(iOSのアップデート・Androidのアップデート)のときにも、同様の対策をしておくとよいと思います(特にトーク履歴のバックアップ)。

※「現在LINEはアップデートできません」となっている人もいるようです

※ちなみに、今回のiPhone版アップデートでは、最初の「LINE」と表示される緑色の画面のデザインが少し変わって、LINEのマーク(吹き出し)が少し小さくなったようです。

追加情報:アップデート中にアイコン下に「消去中...」と出る現象

LINEのアップデート中、アイコンの下に「消去中...」と表示される場合があるようです。

ただし、これはアプリが消去される(アンインストールされる)という意味ではないようで、ストレージ何らかの内部のデータを削除している状態を表しているのではないかと予想されます(「ストレージ領域が無くなりました」というメッセージが表示される場合あり)。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿