情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Ubuntu に Chrome をインストールする

Chrome (67) Linux (23) Ubuntu (19)

Ubuntu 14.0.4 には、初めから Chrome の元となるオープンソースのブラウザ Chromium が搭載されています。なので、基本的な機能は Chromium を使っても同じなのですが、Flash Playerを同梱していないなど、ライセンス的な問題などから、Chromeにあるはずの機能がかけている部分があるので、今回はあえてChromeをインストールしてみます。

Chrome ダウンロード

Ubuntu にインストールされている Firefox を使って、Chrome のダウンロードページを開きます。

「Chromeをダウンロード(Debian / Ubuntu / Fedora / openSUSE)」をクリックして、「32bit .deb (Debian/Ubuntu 版)」を選択し、「同意してインストール」をクリックします(64bit環境ですが、Windows版の発想で、32bitを使うことにします)。

「次のファイルを開こうとしています:google-chrome-stable_current_i386.deb」と表示されるので、「プログラムで開く:Ubuntuソフトウェアセンター(既定)」を選択して、「OK」をクリックしました。

インストール

「Ubuntuソフトウェアセンター」が開くと、「提供元を信頼している場合のみ、このファイルのインストールを行ってください」と表示されるので、「インストール」をクリックしました

パスワードが要求されたら、入力して「認証する」をクリックしました。

インストール終了

インストールのプログレスバーが消えてインストールボタンに戻ったら、インストール終了なので、Ubuntuアイコンのアプリから「Chrome」を検索して起動しました。

インストール失敗?

しかし、何度やり直しても、起動できませんでした(失敗して、エラー報告画面が出る)。そもそもちゃんとインストールが完了できていないのかもしれません。

コマンドラインからインストール?

そこで、「sudo gdebi」でインストールしようとしましたが、とりあえず64bit版(google-chrome-stable_current_amd64.deb)をダウンロードして再挑戦してみることにしました。

64bit版を選択して成功

すると今度は、「Google Chromeを規定のブラウザにする」が出て、無事起動することができました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About