情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Twitterで自分のQRコードを表示・ツイートする方法

iPhone (752) QRコード (2) Twitter (97)

Twitterアプリに、自分のQRコードを表示する機能が追加されました。この機能の使い方についてまとめておきます。

※現在、まだすべてのTwitterアカウントから使えるわけではなく、ユーザーによってはまだ利用できない機能です。「QRコード」ボタンが表示されない場合は、まだ機能が使えるようになっていないアカウントです。

自分のQRコードを表示する方法

まず、Twitterで自分のアカウントのプロフィール画面を開いてください。そして、歯車ボタンをタップします。

twitter-qr-code-tap-settings

そして、メニューの中から「QRコード」をタップしてください。

twitter-qr-code-tap-qr-code

すると、自分のQRコードが表示されます。

twitter-qr-code-my-qr-code

友達のQRコードを読み取る方法

また、他のユーザーのQRコードを読み取るには、表示したQRコードのすぐ下にある「QRスキャナー」ボタンをタップしてください。

すると読み取り画面が表示されるので、QRコードに向けてください。

QRコードをツイートする方法

QRコードをツイートするには、QRコードを長押ししてください。

そして、出てきたメニューにある「画像をツイート」をタップしてください。

よくある質問

これが基本的なQRコードの使い方です。以下、良くある質問をまとめておきます。

このQRコードは何に使うの?

このQRコードには、TwitterユーザーのURL「https://twitter.com/(ユーザーID)」が入っています。

つまり、このQRコードを読み取ることで、そのユーザーを簡単に友達追加したりすることができます。

ただ、実際このQRコードがあるとどれくらい便利なのか、というのはかなり謎と言えば謎で、不要な人にはかなり不要では無いかと思います。

名刺に貼ったり、飲食店で掲示するときに使うなど、印刷して使う、というのがひとまず便利だとは思いますが、なかなか使いにくい機能です。

QRコードの色の変え方は?

今のところ、QRコードの色を好きな変える方法は分かっていません。

同じアカウントでも、表示するごとに、青や赤、紫、黒など、勝手に色が変わります。

色を変えたい場合は、何度もQRコード表示を繰り返して、好きな色が出てくるのを待ってみてください

コメント(0)

新しいコメントを投稿