情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「制県レベル」の海外版/世界版のようなアプリ「been」の使い方(「制国レベルが欲しい」と思った人向け)

Twitter (224) iPhone (1263) 制県レベル (4)

本日「制県レベル」の投稿がTwitterやFacebookなどで流行しています。そんな中、海外旅行に良く行く利用者からは、「日本国内だけじゃなくて、海外版が欲しい」であったり、「制県レベルならぬ制国レベルみたいなアプリが欲しい」などの声もあるようです。

そこで探してみたところ、「制県レベル」のような細かいレベル付け(0点~5点)には対応していないものの、行ったことのある国をチェックして、達成率をパーセント表示できるアプリはいくつかあるようでした(アメリカだけ、韓国だけが対象、のものや、全世界対象のものなど)。

今回は、その中でも世界地図を対象に「行ったことのある国」に色を付けて、達成率(パーセント)を表示したり、画像付きツイートしたりできる「been」というアプリを紹介します(iPhone版・Android版の両方があります)。

流行中の「制県レベル」

現在、「どの県に行ったことがあるか」を6段階評価して、その点数の合計を「制県レベル」として表示する「制県伝説」というアプリが流行しています。

海外版アプリ「been」

今回、この制県レベルの海外版のようなアプリを探してみると、次のアプリが見つかりました:

※AppStoreに掲載されているスクリーンショットはすべて英語表記ですが、実は日本語対応されており、インストールすれば画面は日本語表示されます:

iPhone版のダウンロードは、「「been」をApp Storeで」から行うことができます。

また、Android版アプリも提供されており、「been - Google Play のアプリ」からダウンロード可能です。

今回は、iPhone版の画面を使って、紹介していきます。

特徴

beenアプリには「World」モードと「United States(アメリカ合衆国)」モードがあり、「World」モードでは、行ったことのある「国」を選択してオレンジ色に塗っていきます。「United States」モードでは、行ったことのある「州」を塗っていきます。

どちらも、その達成率をパーセント表示することができて、Worldモードの場合は、「ヨーロッパ内の達成率」など、地域毎のパーセントも表示することができます。

使い方

アプリをインストール(AppStoreGoogle Play)してアプリを開いたら、一番左上の「+(プラス)」ボタンをタップします:

すると、行ったことのある国の追加画面が表示されるので、検索機能を使いつつ、行ったことのある国を選択してから、いちばん右上の「チェック」ボタンをタップして、保存します:

この作業を何度か行って、行ったことのある国や地域を塗った結果、世界地図が塗られていきます(今回は適当に数カ所を塗ってみました):

全世界の達成率(パーセント)と、地域毎の達成率も表示されています。

Twitterにシェアする

この画面の右上のシェアボタンをタップします:

そして、シェア先アプリとしてTwitterを選択すると、次のようにTwitter投稿画面が表示されるので、文章を編集してツイートすると、世界地図の写真とそのパーセントなどを投稿することができます:

地域毎に表示&シェアできる

また、あらかじめ地域、例えば「ヨーロッパ」を選択しておきます

すると、その地域だけの地図と達成率が表示されます:

この画面に切り替えてからツイート操作をすると、その選択した地域だけの達成率と地図をシェアすることもできます

ヨーロッパに行くのが好き、東南アジアを良く巡っている、等、海外旅行に行く地域に偏りがある場合におすすめの機能です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿