LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEに強制アップデートの予告「LINE6.7.0未満のバージョンは、もうすぐ利用できなくなります」が表示(2018年7月2日)

LINE (1486) LINE 6.7.0 (2) LINE-iPhone (415) LINE-アップデート (154)

本日、LINEの古いバージョンをアップデートせずに使用し続けているユーザーに対して、古いバージョンのLINEが利用できなくなる予告通知が表示されました。

選択肢が英語で表示される点含め、通知の意味があまりよく分からないケースもあるようです。

この表示について説明します。

【最新情報】追記:8月8日にサービス終了が実施開始

本日2018年8月8日、LINE 6.7.0未満を利用しているユーザーがLINEが使えなくなる、サービス終了の実施が開始された模様です:

「LINE6.7.0未満のバージョンは、もうすぐ利用できなくなります」通知

本日表示されるようになったアップデート予告通知は次のとおりです:

アップデート

LINE6.7.0未満のバージョンは、もうすぐ利用できなくなります。最新バージョンにアップデートしてください。

[Later]
[Don't show again]
[Update]

通知の意味

この通知は、このままLINE6.7.0より古いバージョンを使い続けていると、LINEアプリが使えなくなってしまうことを予告しています。

対策

この通知が表示されて、選択肢も英語であることから「何をすれば良いの?」と思うユーザーも少なくないようです。

各選択肢では、今すぐアップデートするかどうかに関連する指定を行うことができます。

「Later」を選択すると、再度通知を表示してください、という指定となり、「Don't show again」を選択すると、もう通知を表示しないでください、「Update」を選択すると、アップデート画面を開く、という指定になります。

この選択肢で何を選ぶかによらず、最終的にLINEを今後も使い続けるためには、アプリをアップデートする必要があるので注意してください。

おすすめは「Later」をタップした上で、LINEのトークのバックアップや引き継ぎに必要なメールアドレス・パスワードの設定を確認してからWi-Fiに接続して、ストアからアップデートする、という手順です。

「OSのアップデートが必要」などの理由で今すぐアップデートできない場合は、まずそちらを実行してください。また端末によっては、機種変更までしないとアップデートできない場合もあるため、必要なアップデートを先回り行うようにしてください。

いつごろ使えなくなるの?

今のところ、強制アップデート(旧バージョンの利用停止)がいつ実施されるのか、その日時は予告されていない状態です。

前回6.0.0未満のサポート終了の際は、この通知が表示されたのが2017年7月29日、強制アップデートの実施が2017年11月9日と、およそ3か月の猶予期間が確保されていました。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿