LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEから突然「西日本を中心に大雨の被害が拡大しています」が届いたのは本物?について

LINE (1432)

2018年7月7日現在、多くのLINEユーザーに対して、めったにトークを送信してこない公式アカウント「LINE」から、「西日本を中心に大雨の被害が拡大しています。自分の状況をタイムラインに投稿してみんなに知らせましょう」というメッセージが届くユーザーが急増しています。

これを見て、「本物から届いたメッセージなのか」「偽物なのではないか」「何か詐欺なのではないか」と怪しく感じるユーザーが発生している模様です。

そこでこのメッセージが本物なのか偽物なのか飲み分け方と、そのメッセージを利用する上での注意点を紹介します。

LINEから届く「自分の状況をタイムラインに投稿してみんなに知らせましょう」メッセージ

現在、「LINE」というアカウントから、以下のようなメッセージガ届くユーザーが急増しています:

西日本を中心に大雨被害が拡大しています。
自分の状況をタイムラインに投稿してみんなに知らせましょう。

[被害があります]
[無事です]
[災害地域にいません]

LINE運営からメッセージ送信中

LINEの公式Twitterアカウントが次のツイートで「LINEより送られる安否確認用のメッセージがただいま送信されております」と言及しているとおり、LINE運営は実際に安否確認用のメッセージを配信しています。

見分け方

しかし、現在届いているメッセージが本当にLINE運営のものなのか、LINE運営になりすましたユーザーなのかを見分ける必要があります。

その最も簡単な方法が、トーク画面の「LINE」の文字の左に、「緑色の盾のマークが表示されているかどうかを確認する」というものです。

次の図のように緑色(グレーや青色ではダメ)の盾が表示されていれば、そのアカウントはLINE運営が認めている(公認の)アカウントであるため、信頼ができます:

安否確認のタイムライン投稿に注意

ただし、このLINE運営からのメッセージに従って操作する際は十分注意してください。

というのも、救助を求めているのであれば別なのですが、そうでない場合は、「住所(位置情報)」を「全体公開」してしまわないように注意してください。

実際今回、多くのユーザーが自分の位置情報を全体公開で投稿し、フルネームとともに全LINEユーザーに対して公開してしまう問題が多発しています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿