情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

YouTubeのDM(プライベートメッセージ)機能が廃止になった(使えなくなった・提供終了した)ので注意

YouTube (81)

2018年7月9日より、YouTubeのプライベートメッセージ機能(DM機能)が削除されました(機能が使えなくなりました)。

この影響で、過去のメッセージを確認しようと受信箱ページを開いてみても、メッセージを確認できなかったり、チャンネルのレイアウトをカスタマイズする設定をしてみても反映されない(メッセージタブが表示されない)など、今までとは挙動が変わっています。

この変更について紹介します。

新機能「メッセージ」(受信トレイ>メッセージ)の使い方はこちら:「YouTubeの「メッセージ」機能の使い方(友だち招待・メッセージ送信など)

YouTubeのプライベートメッセージ機能が使えない

自分に届いたプライベートメッセージは、「メッセージ」画面で今まで確認することができていました。

しかし現在そのメッセージ画面を開こうとしても、自動的に次のヘルプページへ転送されてしまうようになっています:

2018 年 7 月 9 日をもって、クリエイター ツールを使ってのプライベート メッセージの送受信や確認はできなくなりました。YouTube では、あまり使用されていないこのような機能の提供を終了することで、ユーザーがより必要としている機能やツールに重点を置いて取り組めるようにしていきたいという考えのもと、今回の変更を実施しました。これに伴ってすべてのプライベート メッセージは削除され、クリエイター ツールを含む YouTube 上のどこにも表示されなくなっています引用元

実はしばらく前から廃止の予告が「メッセージ」画面には表示されていたのですが、遂に画面ごと廃止され、今ではヘルプに飛ばされてしまうページとなってしまったようです。

代わりの方法について

ここに「すべてのプライベート メッセージは削除され、クリエイター ツールを含む YouTube 上のどこにも表示されなくなっています」と書かれているとおり、プライベートメッセージは消えてしまい、このヘルプページでは「代わりに(普通の)メールを使ってね」ということが紹介されています

具体的には、ビジネス関係のお問合せメールを表示する方法が案内されているのですが、パソコン版YouTubeにしか表示されない、とも書かれており、あまり使い勝手が良いとは言えません。

その結果現状は、チャンネル公式のTwitterアカウントのDMで受け付けるなど、別のソーシャルアカウントで個別のメッセージを受け付けるような方法へ移行する利用者も増えているようです(とはいうものの、もともとYouTubeのプライベートメッセージはスパムメッセージが多かったり、設定・利用方法が難しいなどの問題があり、もとから使っていなかった人も多かったようです)。

また、YouTubeが用意している似た名前の機能に「メッセージ」があります。こちらはあらかじめ「友だち同士」になる必要があり、友だち同士になるには「招待状リンク」を開いて招待に応じてもらう必要があります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿