情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

YouTubeの「視聴時間」を表示する方法

YouTube (83)

YouTubeで自分が『何時間』動画を見ていたのか」が分かる新機能「視聴時間」が使えるようになりました。

YouTubeの再生時間を確認することで、YouTubeの「見過ぎ」を防ぐことができます。ただしその一方で、「自分はこんなにYouTUbeを見ていた」という自慢ツール/アピールツールとしても使われ始めているようです。

今回は自分の「視聴時間」の詳細画面を、「iPhone版YouTube」および「Android版YouTube」で表示する方法を紹介します(※今のところPC版YouTubeには搭載されていないようで、パソコンから視聴時間を確認する方法は発見できていません)

YouTubeアプリを最新版にアップデートする

まず、YouTubeは最新版にアップデートしておいてください(※必ずしも最新のアプリでなくとも「視聴時間」機能は利用可能ですが、アプリが古すぎる場合、表示できない可能性があります)。

「視聴時間」を表示する方法

iPhone版YouTubeでは、次の手順で「視聴時間」を表示することができます(Android版もデザインに若干の違いがあるものの、同様の手順です)。

まず、右にある「自分のアイコン」をタップします:

すると「アカウント」画面が表示されるので、そこに新しく追加された「視聴時間」をタップします:

視聴時間画面が表示される

すると「視聴時間」画面が表示され、そこに「統計情報」として、「今日」「昨日」「1週間以内」「日別平均」といった視聴時間が分単位で表示されます。

またこの画面から、「YouTubeの利用時間を管理するためのツール」として、「一定時間ごとに休憩時間をリマインドする」設定などを変更することが可能です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿