情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

PayPay(ペイペイ)が「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」エラーでダウンロードできない原因について

Android (613) PayPay (38)

QRコード決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」をダウンロード・インストールしようとGoogle Playを開いたのに検索しても出てこなかったり、直接開いても「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」というエラーが表示されてしまうなどして、PayPayをインストールすることができないユーザーが発生しています。

「このバージョンに対応していないなら、他のバージョンがあるの?」と思ってしまいかねないこのエラーが出た場合の対処法について紹介します。

PayPay(ペイペイ)を検索しても出てこない

PayPayをインストールするために、Google Playストア内を検索しても、PayPayが見つからない場合があります。

※同名の別アプリや、紛らわしい「PayPal」、(現時点では確認できていませんが)悪質な偽アプリなどを間違えてインストールしてしまわないように注意してください。

「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」エラーになる

また、公式ページなどから直接アプリのページを開いたのに、次のエラーが表示されてインストールできない問題が一部のユーザーの間で発生しています:

お使いの端末はこのバージョンに対応していません。

原因について

このエラーは、現在利用中のAndroidスマートフォン端末にインストールされている基本ソフト「Android」のバージョンが古いことが原因で表示されます。

「このバージョンに対応していません」と表示されるため、「別のバージョンのアプリがあるの?」と思ってしまうかもしれませんが、これ自体は「この最新版は利用できません」のような意味で、「別のバージョンのPayPayならインストールできる」という話ではなく、「(仮に以前PayPayを利用できていたとしても、今Google Playストアにあるこの新しいバージョンは)ダウンロードできません」のような意味合いです。

対策について

PayPayは、推奨動作環境について、Android/iOSの推奨バージョンという形式で次の通り案内しています。

【Android】Android 要件 5.0 以上の対応機種
【iOS】iOS10.0以降のiPhone/iPad/iPod touch

引用元

この推奨動作環境では、Android 5.0が必要、と案内しています。先ほどのエラー画面は、Android 4.4.2の端末に表示されたエラーであり、推奨環境害の端末でインストールできなかった、というわけです。

そのためPayPayアプリを利用するには、現在利用中のAndroidスマートフォンのソフトウェアアップデートを行い、Android 5.0以上のバージョンにアップデートするようにしてください

現在の最新はAndroid 9.0ですが、Android 4系の端末からAndroid 9系へのアップデートはまず実行できるとは考えにくく、5系や6系へのアップデートもできない場合があります。この対応状況についてはキャリア(docomo/au/SoftBankなど)に問い合わせてみてください。

そしてソフトウェアアップデートができない場合は、機種変更を行い、現在販売されている新しいAndroid(Android 7, 8, 9)が利用可能なスマートフォンに機種変するか、iPhoneへの機種変を行ってみてください

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿