情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

URLパラメータ「fbclid」が付く原因と注意点・消す方法などについて

Facebook (73)

最近URLの末尾に「?fbclid=...」という部分がくっついているのを見かけることが増えています。この「fbclid」というURLパラメーターが付く原因や意味、および注意点や消す方法などについて紹介します。

fbclidパラメータ

URLをシェアしようとしたり、ブックマークしようとしたりしたときに、どういうわけか邪魔な「fbclid」というパラメータが付いていることがあります。

アドレスバーに表示されているのを見て気が付いたり、SNSに投稿しようとして気が付く、Google Analyticsに表示されて気が付くなど、気が付き方は様々ですが、見慣れぬ「fbclid」がいろいろなサイトのURLに付いていることに気が付くユーザーが増えています。

FacebookでシェアされたURL・リンクに自動で付くパラメータ

この「fbclid」というパラメータは、Facebookに投稿されたページのURLに自動的にFacebookが付加しているパラメータです。

例えばFacebookに「https://yahoo.co.jp/」というページを投稿すると、それをクリックして開いたユーザーは、「https://yahoo.co.jp/?fbclid=(61文字のランダムっぽい英数字)」というURLにアクセスすることになります。

fbclidは何の略?

この「fbclid」は、他のよく使われるURLパラメータのパターンで考えると、おそらく「FaceBook CLick ID」の略であると思われます。

fbclidはユーザーごと・ページ表示ごとに変わる

この「fbclid」パラメータは、クリックしたユーザーごとに別の値(ID)が割り当てられます。また、同じユーザーであっても、ページを読み込み直してからクリックすれば、また違うパラメータが割り当てられるため、Facebook側からすれば、どの投稿から開いたURLか、ということだけでなく、いつどのタイミングで開いたURLなのかということまでURLから追跡することができます。おそらくFacebook広告の埋め込まれたページを開いた際に付いているfbclidパラメータから、どのFacebook投稿からいつページを開いたときに、そのページの広告を踏んでくれたか、などの分析がやりやすいように、このようなURLパラメータの追加を行うようになったのだと思います。

邪魔・エラーの原因

しかし、このfbclidパラメータが付いていると、同じページが別ページと認識されることにより、「邪魔」と思うケースが発生します。例えばChromeプラグインからはてなブックマークをしようとした場合に、fbclidが付いていると別々のページとして認識されてしまい、ブックマーク数が分散してしまう、という問題です。これを回避するには、fbclidが付いていないページに切り替えてブックマークする必要があります。

また、ウェブサービスによっては、このfbclidパラメータに気づかずにURLを貼り付けたり、利用したりすることでエラーになるケースもあるようです。

fbclidパラメータの利用には注意が必要そう

またこのfbclidパラメータは、個人に紐付くパラメータ(別々の人に同じ値が発行されないパラメータ)なので、取扱いには注意が必要です。

Facebook社だけでなく、fbclidパラメータを見かけた外部の人が、「fbclidが同じ」ということを手がかりにいろいろなことを推測したり、追跡するヒントになってしまう可能性があるからです

例えば、fbclidパラメータ付きのURLをTwitterに投稿した場合、他の場所に存在する同じfbclidパラメータ付きのURLと関連付けられてしまう可能性があります。ウェブサーバーのログなどから、「この閲覧ログは、おそらくあのTwitterアカウントの人のログだ」といったことが推定されてしまったり、「このTwitterアカウントは、このTwitterアカウントと同じ人がやってるのかもしれない」などが推定されてしまうかもしれません(※URL自体は誰にでもコピーできるため、時刻の前後関係などからある程度絞れても、「他の人がコピーしただけかも」「他の人がページを開いたときに付加されたfbclidがどこかに貼られて、それを開いただけかも」といったケースがあり、そこまで断定することは難しい)。

fbclidを消すFacebook設定は?

このあたりに気を使う人は、fbclidを消すための対策を取った方が良いかもしれません。

少なくとも自分でFacebookにログインしている際には「fbclid」というパラメータが付かないように設定して、他の経路は仕方ないにしてもfbclidに遭遇する頻度を下げたい、という場合に、Facebook側の設定から削除するにはどうすれば良いのだろう、と思い、広告設定から「パートナーからのデータに基づく広告」「Facebookグループ企業の製品でのアクティビティを基に、それ以外の場所に表示される広告」などを「許可しない」に設定してみたいのですが、fbclidパラメータを消すことはできませんでした

fbclidを消すChromeプラグイン

ただ検索してみると、Chromeプラグインに「Kill fbclid」というものがあり、まだ利用者が少なく信頼性が怪しい状況ですが、URLを開いた際に、fbclidパラメータを自動で消してくれるようなので、利用を検討してみてください(アクセス後に削除してくれるため、リンク側を変更してくれるわけではなさそう)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿