LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEの「送信取り消し」が1日しか使えないって本当?について

LINE (1485) LINE-送信取消 (6)

LINEのトークには、一度送信してしまったものを「取り消す」ための、「送信取り消し」機能があります。

この送信取り消し機能について、「1日しか使えない」との声と「1日経っても使える」との声があるようなので、この問題について紹介します。

「送信取り消し」機能が使えるのは送信後24時間以内

送信取り消しについて、LINE公式ヘルプでは、次の通り説明されています:

送信したメッセージを長押し>[送信取消]をタップすると、自分と相手のトークルームからメッセージを取り消すことができます。
送信後、24時間以内であれば既読⋅未読のどちらも取り消すことが可能です。

引用元

ここに「24時間以内であれば」とある通り、1日しか使えないというのは正しい情報です。

また、「既読が付く前しか消せない」との噂もありますが、ここに「既読・未読のどちらも取り消すことが可能です」とある通り、既読になってからも取り消しを行うことが可能です

24時間を過ぎるとどうなる?

24時間を過ぎると、メッセージを長押ししても、「送信取消」ボタンが表示されなくなります。そのため、取り消しができなくなります。

「削除」機能はまた別

24時間を過ぎても使えるのは「削除」機能です。

送信取り消し機能は、相手に送ってしまってメッセージを、相手のスマートフォン上からも取り消す(非表示にする、に近い)ことができる機能で、影響が大きいため、24時間という時間的制約が設けられているものと思われます。

しかしその一方で、自分のスマートフォン上からだけ、トークを消す「削除」機能については、その24時間制限という制約なしに、実行することができます

この「送信取消」と「削除」は大きく異なる機能であるため、注意してください。

詳しくはこちらの比較ページを参考にしてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿