情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

平成最後の日?「今日(大晦日)で平成が終わるんじゃないの?」「平成が終わるまであと1日」が急増中(2018年12月31日)

新元号 (4)

2018年12月31日大晦日になり、2018年も残すところあと1日となりました。それと同時に現在、「本当に今日で平成が終わるの?」「明日から元号はどうなるの?」など、平成が今日で終わることについて話題となっています。

しかしこのような反応は誤解であり、本当に今日で平成が終わるわけではありません

ニュースを詳しく見ていれば、今日が平成最後の日であることは分かる、と思う人も居るかもしれませんが、「平成最後の○○」といった言われ方が繰り返された影響か、2018年12月31日で平成が終わり、2019年1月1日から言語か切り替わり、平成31年は来ないと考えている人は非常に多い模様です。

この件について。

「今日で平成が終わる」などの声が多数発生中

つい先ほど、平成30年12月31日、平成最後の大晦日となりました。それに伴って、今日で平成が終わるなどの声が急増しています:

「あと24時間で平成が終わる」

他にも、日付が変わった直後、平成の残り時間についての言及も増えています。

「2018年で平成が終わると思っている人が多すぎ」などの指摘も同時に急増中

しかしそれと同時に、それらが誤解であり、2018年12月31日で平成が終わると思っている人が周囲に多数存在することについて言及しているケースも目立ち始めています。

「平成最後の大晦日」は正しいが、平成はまだ終わらない

実は平成は少なくとも2019年4月30日まで続く予定です(詳細)。

そのため、平成が本日で終わるというのは間違いです。

確かに来年の大晦日、つまり2019年12月31日は既に平成が終わっており次の新しい年号に切り替わっている見込みであるため、「平成最後の大晦日」です。

しかし、「平成最後の成人式」や「平成最後のバレンタインデー」、「平成最後のひな祭り」などなど、少なくとも4月までは平成が続きます。

現在誤解が多い状態です。注意してください。特に年明け書類に記入する際などに、平成の記載に関して戸惑ってしまわないように注意してください。

明日は平成31年1月1日なの?

明日以降も平成が続くため、明日元日は、平成31年1月1日となります。新元号に2019年中に切り替わったとしても、平成が続く間の日付は平成31年○月○日となります。

関連:平成はいつ終わるの?について

コメント(1)

  1. iGu
    2018年12月31日(月) 23:02

    そだねー

新しいコメントを投稿