情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【PS4】iPhone版「PS4 Remote Play」で画質を変更する(高解像度・高フレームレートにする)設定方法

PlayStation 4 (67)

PlayStation 4 のシステムソフトウェアアップデート6.50より、iPhoneからも「PS4 Remote Play」というアプリを使って、リモートプレイができるようになりました。

しかしながら、「画質が悪い」と「画質が落ちる」と感じているユーザーも少なくないようです。

実は画質は設定で変更が可能で、回線が安定し通信に問題がなければ、より高画質に表示することが可能なのですが、設定場所を見落としがちのようです。

そこで今回は、その設定方法を紹介します。

リモートプレイの接続前に設定変更が必要

その設定方法最大のポイントは、iPhoneとPS4を接続してから画質を変更するのではない、という点です。

現在既にiPhoneの「PS4 Remote Play」アプリからPS4に接続済みの場合は、一度アプリを強制終了してからもう一度起動してみてください。

そしてアプリを起動すると「はじめから」というボタンが表示されます。そこで通常であれば、素早くタップして、すぐさまPS4との接続を開始してしまうかも知れません。

しかし画質を変更したい場合は、その画面の右上に実は存在している「設定(歯車)」ボタンをタップしてみてください:

すると設定項目が表示されるので、ここで「リモートプレイのビデオ品質」をタップします:

解像度・フレームレートを変更可能

すると、「解像度」と「フレームレート」の設定が表示されて、それぞれの値を変更することができます。

解像度 標準(540p)
リモートプレイの映像の解像度を設定します。
映像や音声が途切れる場合は、[標準(540p)]または[低(360p)]をお試しください。

フレームレート 標準
リモートプレイの映像の滑らかさを設定します。
高速なネットワークをお使いの方は[高]をお試しください。ただし、[高]を選ぶとリモートプレイ中はPS4のゲームプレイの録画が一時停止されます。

解像度は「低(360p)」「標準(540p)」「高(720p)」「最高(1080p)」の4種類から、フレームレートは「標準」「高」の2種類から選択することが可能です:

この設定を変更したら税所の画面に戻り、「はじめる」からPS4への接続を開始してください。

実際、画像にすると分かりにくいのですが、実物で見ると、デフォルトの「540p」と、最高画質の「1080p」とでは、画質に大きな変化があります。高速なネットワークで繋がっているのであれば、一度最高画質や高画質の設定を試してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About