LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

【LINE新機能】写真にLINEスタンプやLINE絵文字を貼る加工方法と保存の手順

LINE (1514) LINE 9.15.0 (iPhone) (4) LINE-iPhone (407) LINE-アップデート (143)

LINEの最新版9.15.0にて、写真や動画にLINEスタンプを貼る加工ができるようになりました。

「写真にスタンプを貼るのはどうやるの?」「LINEスタンプが使えない」といったユーザー向けに、その新機能の使い方と、新機能が使えない(加工できない)場合の注意点について紹介します。

iPhone版LINEで先行提供(Android版で使えない)

9月4日現在、今回の新機能はiPhone版LINE(iOS版LINE)でしか利用できません

Androidスマートフォンユーザーの場合は、今後Android版に新機能が入るまでしばらく待つようにしてください。

iPhone版LINEを最新版にアップデートする

またiPhoneユーザーであっても、9.15.0にアップデートしなければ、今回の新機能は利用できません。

そのため、iPhone版LINEを最新版にアップデートしてください。

写真をLINEスタンプで加工する方法

ここからが、実際の手順です。

今回の写真を加工する方法は、「カメラアプリ」のように写真を単に加工するのではなく、写真を送信する直前に加工する、というものです。

なのでまずはトークの写真マークボタンをタップして、加工したい(送信したい)写真を選択してください。

写真を選択すると、写真の加工画面が表示されるので、右上にあるシールのようなボタンをタップします:

すると、今回新しくここで「スタンプ」や「絵文字」を選ぶことができます。それぞれのタブを選択して、写真加工に使いたいスタンプや絵文字を選択してみてください:

すると、写真上にスタンプが配置されるので、移動したり拡大してから、「送信」ボタンをタップします。

これで、加工および送信が完了します。

保存することも可能

また、単純に写真の加工だけを行いたい、という場合には、画面左下のダウンロードボタンをタップすれば、LINEスタンプで加工した写真を保存することも可能です:

アルバムやタイムラインでも

その他、写真を選択できる機能で、写真加工機能が付いている場所であれば、他の場所でもスタンプを使った加工を行うことができます

アルバムでは複数の画像を選択できますが、1つの写真をタップして拡大すれば、同じ加工を行うことができ、加工を済ませてまた次の画像を加工して、といったことも可能です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿