情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Googleの検索結果にアイコン(favicon)が表示される変更と今までとの違い・設定などについて

Google (107) Google検索 (8)

2020年1月16日現在、PCブラウザからGoogle検索を行った際に表示される検索結果にて、ウェブサイトのアイコンが表示されるようになり、話題となっています。

全ユーザーに対して適用されている変更であるかは確認出来ていませんが、「アイコンを消したい」「アイコンが邪魔」との声もある今回の変更内容について紹介します。

Googleの検索結果にアイコンが表示される

2020年1月16日より、Googleの検索結果にウェブサイトのアイコン(favicon.ico)が表示されるようになった、との声が急増しています。

現在、実際次のように検索結果にアイコンが表示される状態です。

Google検索を行うと、検索結果が今までと違うことにすぐ気が付くことができました。

今までとどこが変わった?

今までの検索結果は次のようなレイアウトでした:

大きな変更点は、サイトのドメイン・URLがページのタイトルより上部に表示されるようになり、上から「URL」「ページタイトル」の順番になったという点です。

そしてURLが先頭になった上で、そのURLの左にアイコンが表示されるようになり、検索結果の1ページ分の最も左上に、アイコンが表示されるようになった形です。

見比べると、今まで「1ページ」分の固まりがタイトルの青色とURLの緑色によってリズミカルに表示されていた中に今回「アイコン」というサイトによって色も形も様々な要素が加えられ、検索結果の規則的な見た目が不安定になり、どうも見にくくなったような印象を生み出しているように感じます。また、URLが緑色からグレーへと変わり、本文とURLとの違いが小さくなりました。

アイコンの色もそうなのですが、特にアイコンの大きさが小さかったり、縦長だったりなど、形のばらつきが大きいとき、アイコンがとても気になるように感じます。

アイコンを消す設定方法は?

Googleの検索結果には、以前から細かな変更が行われてきました。

特に、より複雑な機能が追加される傾向がありましたが、それらを非表示にする設定は用意されておらず、Googleの変更(テストを含む)を受け入れて利用することが基本となっています。

そして今回も、アイコンを非表示にするための検索設定は用意されておらず、アイコンを消すことはできない模様です。

※Chromeの拡張機能や、ユーザーCSSや類似のChrome拡張などで個別にカスタマイズして非表示にすることは可能のはずですが、まだ提供開始されたばかりで拡張機能は発見できません。CSSの変更に関しては、仕組みが分かるユーザーであれば対処できるかと思います。

元に戻る可能性も

この種の変更は、ユーザーのフィードバックを受けて元に戻されたり、さらなる変更・改善が加えられる場合も多くあります。

必要に応じてフィードバックを送信するなどしつつ、しばらく様子を見て見ることとなるかと思います。

サイト提供者は要確認

またウェブサイト提供者側としては、ここで自身の設定しているfaviconがどのように表示されるかをよく確かめておく必要がありそうです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿