情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

トイレットペーパー/ティッシュペーパーが売ってるお店は?在庫がある場所は?について(在庫切れ・売り切れ問題)

コンビニ (6)

現在、スーパーや薬局、コンビニなどに「トイレットペーパー」や「ティッシュペーパー」、「生理用品」などを買いに行ったところ、「売り切れだった」「在庫がなくて買えなかった」「トイレットペーパーとティッシュペーパーの陳列棚が空っぽだった」「トイレットペーパーの入荷情報が知りたい」といった声が増えています。

また本日早朝には、「朝行列ができていた」といった声も見られました。

この背景にある、新型コロナウイルスの話題に伴った「買い占め」であったり「買いだめ」の発生が話題となっています。

ちょうどトイレットペーパーの残りロールが少なかったり、ティッシュペーパーが切れてしまいそうで買いに行っただけなのに買えなかった、というユーザーが「どこなら売っているの?」「どこなら在庫があるの?」と疑問を持ったときに参考になる情報を紹介します(2020年2月28日現在)。

供給量には余裕がある

まず大前提ですが、トイレットペーパーやティッシュペーパーに関しては、業界団体より、供給力や在庫が十分あり、一時的に店頭から消えたりしてしまっているものの、「物流が整い次第」購入できるようになるという旨が発表されています。

この情報は、各種ニュース等でも紹介されていますが、日本製紙連合会公式ホームページのお知らせに、「日本家庭紙工業会からのお知らせ」として「「トイレットペーパー、ティシューペーパーの供給力、在庫は十分にあります」(2020.02.28)が掲載されており、こちらが参考になります。

需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しています

現在、一部地域では一時的に購入しにくい状況となっておりますが、物流が整い次第、消費者の皆様のお手元に届くようになります。どうぞご安心ください

この内容は、今後の在庫の枯渇に備えてティッシュやトイレットペーパーを買いだめする必要はないということを意味しているものと思われますが、今まさに欲しい・今まさに店頭に在庫がなくて困っているという人の困りごとを直接解決してくれる訳ではありません。

トイレットペーパーやティッシュペーパーを売っている場所

トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの生活用品を販売している場所としては、「スーパーマーケット」や「薬局・ドラッグストア」、「コンビニ」がやはり思い浮かびやすいようなのですが、昨日2月27日の午後より急速に「買えなかった」との声が増え、本日はかなりの多くの人に「品切れ」の影響が出てしまっている様子です。

スーパー・ドラッグストア・コンビニで見つかるケース

ただし、「買えた」との声も多いのはスーパー・ドラッグストア・コンビニでした。

複数件回ることで見つけることができた、というケースが多く、「ドラッグストアで商品棚が空っぽでびっくりしたけれど、すぐ近くのコンビニでは普通に売っていた」のようなケースも目立ちます。

また、「陳列するとすぐにトイレットペーパーやティッシュペーパーが売り切れてしまう」との店員側の声もあり、店頭に並んでいない状態を目にしても、また別のタイミングで探しに行くと陳列されている、といった可能性もあるため、近くにお店が少ない場合には、一度売り切れていてももう一度行っていることで見つけられるかも知れません(※ただし、マスクの品薄問題で既に話題となっていますが、店員さんに在庫を質問する人が多すぎて困っている、在庫がないと張り紙をしても質問されてしまう、といった店舗側の声もあるため、陳列されていない紙製品について逐一尋ねることは、ある程度遠慮したほうが良いかも知れません)

100円均一

前述3種類の店舗以外で「買えた」との声が多いものとしては、「100均(百円均一)」です。ロール数が少ない場合がありますが、一時的に店頭に復活するのを待っている間をしのぐ目的であれば、十分なのかも知れません。

またこのあと紹介する代替商品である「水に流せるティッシュ」も確認してみてください。

ホームセンター

別の種類の店舗としては、「ホームセンター」があります。

家電量販店

どのチェーン・店舗でも扱っているというわけではありませんが、家電量販店でトイレットペーパーやティッシュペーパーが販売されている場合もあるようです。スーパーでは売ってなかったけれどヤマダ電機にはあった、といった声も目立ちます。

その他

配送会社である「クロネコヤマト」もトイレットペーパーを販売しており、「意外なところに」と話題となっています(電話でのみ注文受付)。しかし、「意外なところで購入できる」ということが話題になっているものの、実際のところ「買えた」という報告ではなく「在庫がないらしい」との報告が目立ち、こちらにも影響が出ているようです。

また、マスクの品薄が始まった時期にも注目されていた「ドンキホーテ」ですが、今回も「売り切れてた」の声も多い一方で「買えた」との声もあるため、近くにドンキの店舗がある場合は、探しに行く対象に含めても良いかも知れません。

「無印良品」も、漂白なし・柔軟剤不使用の茶色が特徴的なトイレットペーパーを取り扱っています。

代替商品を購入する

また、「箱ティッシュ」や「ロールのトイレットペーパー」の代わりに、ポケットティッシュや、水に流せるタイプのポケットティッシュを購入している場合も多いようです。また「箱ティッシュ」については、「水に流せる」という特徴が不要であるため、「手が拭けるもの」として幅広い代替商品が購入されているようです。

不便だったり割高だったりということはあるものの、こちらも一時的に家からなくなってしまうのを避ける、という意味では十分かと思われます。

なかなか箱ティッシュやトイレットペーパーのロールが見つけられない、どのお店にも置いていなかった、という場合は、それらの代替商品や、探し始める時点でそれらの在庫についても確認しておくと良いかと思います。

またポケットティッシュについては、鞄の中などに入れたままになっているケースもあるため、心当たりがないか探してみても良いかも知れません。

通販について

Amazonや楽天、ヨドバシドットコムなどでも、ティッシュやトイレットペーパーが扱われていますが、27日以降急速に在庫が姿を消して「在庫切れ」表示になっており、在庫がなくても入荷予定が記載されていてそれに対して注文できる、という商品も減ってしまっています。

また、在庫があったとしても、非常に高い価格が設定されている場合もあります。

したがって、通販サイトでこれらを注文する際には、配達予定日や、価格が高すぎないか(特に送料だけ高い場合などにも注意)などを良く確認してから購入するようにしてみてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿