情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS14.2へのアップデート後にGoogle Authenticatorが起動しなくなる問題と対策について

Google Authenticator (1) iOS (359) iOS14 (2) iPhone (1513)

2020年11月6日にリリースされたiOS14.2へのアップデート後に「Google Authenticator」アプリが起動しない・落ちてしまう問題が一部のユーザーの間で発生しています。

この問題の現象や対策について紹介します。

iOS14.2へのアップデート後に「Authenticator」が開かなくなる

iOS14.2へのアップデート後、Google Authenticatorアプリが起動せず、二要素認証によるログインや二要素認証の設定を行うことができないなどの問題が一部のユーザーの間で発生しています。

対策について

この現象は、Google Authenticatorアプリの再インストールで復旧します。

アプリの再インストールには、通常の「アプリ削除」を行ってから再インストールする方法と、「アプリを取り除く」を行ってから再インストールする方法の2通りの方法があります

手元で両方の操作をGoogle Authenticatorに対して試してみた限り、「アプリ削除」からの再インストールでもデータが復元される(特にログインをするわけでもなく)挙動となったのですが、より安全なのは「アプリを取り除く」のほうであるため、「アプリを取り除く」手順を紹介します。

なお、特に操作せずiOS14やAuthenticatorアプリ側のアップデートを待つ、という対策も考えられるため、アップデートを待ってみる方法も検討してみてください。

アプリを取り除く方法

注意:ここから、登録してあった認証情報が消えずに実施できることを手元で確認した「アプリを取り除く」手順を紹介しますが、操作ミスで通常のアンインストールをしてしまったり、何らかの別の不具合などでデータが消えてしまう可能性が全くないとは言えないため、慎重を期すのであれば、iOSもしくはAuthenticatorの修正アップデートを待つことをおすすめします。また、操作は自己責任(常にそうですが)かつ、よく表示される注意書きを確認して実施するようにしてください

アプリを取り除く手順は、iPhoneの「設定」アプリを開いてから「一般>iPhoneストレージ」と進み、「Authenticator」を開きます(Google AuthenticatorではなくAuthenticatorというアプリ名で一覧に表示されるため注意が必要です)。

すると、アプリの詳細画面が表示されるので、「Appを取り除く」をタップします。

「Authenticatorを取り除くと、Appは削除されますがその書類とデータは保持されます。」と表示されるので、「Appを取り除く」をタップして実行します。

すると「Appを再インストール」というボタンが表示されるので、その「Appを再インストール」ボタンを押します

こちらは特に確認は表示されず、読み込み中表示になるため、再インストールが完了するのを待ってみてください。

再インストールが完了すると再び「Appを取り除く」というボタンの状態に戻るので、ホーム画面へ戻り、Google Authenticatorアプリが開けるようになっているかを確認してみてください

コメント(0)

新しいコメントを投稿