LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEのトークタブに「コンテンツの取得に失敗しました」エラーが表示される問題について

LINE (1533)

トーク画面上部の広告などが表示される領域に、「コンテンツの取得に失敗しました。次のコンテンツ掲載をお待ち下さい」というエラーメッセージらしきものが表示され、不具合なのではないか、バグなのではないか、アップデートしても直らない、などと疑問を持つ問題が、以前より発生しています。

この現象についての関連情報を紹介します。

「コンテンツの取得に失敗しました」エラー

LINEの「トーク」タブには、トークルームの一覧の上部に、広告枠のような表示領域が設けられています。

しかしその領域に、次のメッセージが表示され広告が表示されず、操作することもできない(消したり閉じたりすることもできない)、という問題が、一部のユーザーの間で発生しています。

コンテンツの取得に失敗しました
次のコンテンツ掲載をお待ち下さい

この問題が発生する場合もあれば、発生せずに通常通り表示される場合もあります。

以前よりこの表示が発生するケースはありましたが、2021年9月14日現在、ここ最近この表示に遭遇するユーザーが増えているようです。

広告を消した際の表示と同様

この表示ですが、広告が正しく表示された際に右上に表示される斜線マークをタップして広告を閉じた場合にも、以下のような類似の表示がされるようになっています。

ご意見ありがとうございます。
今後のコンテンツ掲載に活用します。

1行目のみ異なり、2行目は共通、そして、白背景に黒文字であること、閉じる操作などこれ以上消す・閉じる操作が提供されていない、などといった特徴が一致します。

このことから、この表示の「形式」自体は用意されたものだと思われますが、「ご意見ありがとうございます」の代わりに「コンテンツの取得に失敗しました」と表示されること自体は何らかの問題が発生している状況である、というように切り分けることができそうです。

多くのユーザーの間で発生

そしてこの「コンテンツの取得に失敗しました」という表示が行われる理由についてですが、その原因の詳細は判明していません。

しかし、ここ数日このエラーに遭遇するユーザーが一定数発生している様子なので、表示する対象の広告データの取得失敗、例えばデータに問題があるケースや、データを配信するサーバー側で問題が発生していることなどが考えられます。

対策について

とはいうものの、この表示を解消する方法は分かっていません。今後修正アップデートが提供される可能性などは考えられますが、現時点の最新版でも同様の表示事態は発生しているようです。

なお、エラーが表示されるくらいなら、この広告表示枠自体を消してしまいたい、と考えるかもしれませんが、ここに表示される広告は、一時的に非表示にすることこそできるものの、あくまで一定時間消えるだけで、完全に枠ごと消し続ける、という設定を行うことはできないようになっています。そのため、その種の対策は行うことができません。

また、前述したとおり、エラー発生時に折りたたむ/閉じるボタン等も用意されておらずタップしても反応しないため、エラー発生後の非表示操作についても提供されておらず、問題の解消を待つこととなりそうです。

いずれにしても多くのユーザーの間で発生している状況であるため、慌ててLINEを再インストールしようとしてトーク履歴を消してしまったり、再ログインがなかなかうまくいかずにログインできなくなってしまうなどといった別の問題に発展してしまわないよう、対策実施時には注意するようにしてみてください。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿