情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS15】「バックグラウンドサウンド」機能の使い方(雨音やダークノイズを流す方法)

iOS 15 (36)

iOS15から追加された新機能に「バックグラウンドサウンド」機能があります。直訳すると「背景音」で、「背景に音を流す」のような意味合いの機能ですが、どんな音を流すのかと言えば、いわゆる「環境音(自然や街中で聞こえるいろいろな音が混ざった音)」を再生してくれます。

音楽を流していても、その背景にそういった音を流すことができるため、ノイズキャンセル効果を高めたり、このバックグラウンドサウンドだけを流して集中力を高めたり、などに利用することが可能です。

今回は、この「バックグラウンドサウンド」機能の使い方を紹介します。

バックグラウンドサウンドの設定を開く

バックグラウンドサウンドの設定を開くには、まず「コントロールセンター」を引っぱり出した上で、新しく追加された「耳」のアイコンのボタンをタップします(※位置や並びは設定により異なる場合があります)。

するとそこに「バックグラウンドサウンド オフ」という項目があるので、そこをタップします。

自動的に「雨」が選択され、雨音が流れます(※かなり初期音量は小さめなので、音楽を流していると気がつきにくいかもしれません。またダウンロードに時間がかかる場合もあるので、再生されているのかよく分からない場合は音楽を止めて確認してみてください)

音を変更する

もう一度「バックグラウンドサウンド 雨」との表示をタップしてみると、次のようにバックグラウンドサウンドとして選択できる音の種類の一覧が表示されるので、流したい音を選択します。ここでは、「ダークノイズ」を選択してみます(※耳を塞いだ時のような、地下鉄の構内のような、自然な聞いたことのある音に聞こえました)

オフにする方法

ここでひとつ注意があるのは、「オフ」という音の種類は表示されないため、別の場所からオフにする必要があります。

オフにするには少し下に離れた「バックグラウンドサウンド オン」をタップします。

コメント(0)

新しいコメントを投稿